男子が「花粉症の女子」にかわいさを感じる瞬間って?

写真拡大

今年もそろそろ、あの季節がやってきます。目は痒く、鼻水はとまらない、さらには頭もボーっとする!? そう、花粉症です。花粉症の方にとって、春はとても辛い時期ですよね。外に出るのも誰かと会うのも億劫になりがちですが、花粉症の女性の仕草や表情を見て「かわいい!」と感じる男性もいるようです。それはどんな仕草なのでしょうか? さっそく見ていきましょう!

■かわいいくしゃみ

・「かわいらしいくしゃみを連発しているとき」(29歳/運輸・倉庫/専門職)

・「くしゃみが静か。『クチュン』という感じ」(25歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「くしゃみが止まらない感じ。5、6回くしゃみが続いたら、かわいく感じる」(24歳/その他/営業職)

男性の前でくしゃみをする際に、躊躇する女性は多いことと思います。できれば見せたくない姿……! しかしこの時期だけは、避けて通れない「くしゃみ」。「かわいい」と思ってくれると、救われる女性も多いのではないでしょうか。

■表情にも注目

・「くしゃみをする寸前の表情」(27歳/その他/その他)

・「くしゃみを必死に堪える表情」(28歳/その他/その他)

こちらも、できれば注目してほしくないポイントなのですが……そんな恥らう女心がわかるからこそ、「かわいい!」と思うのかもしれませんね。普段は見せない、隙のある姿。思わず頬が緩んでしまいそうです。

■うるんだ瞳

・「涙目でつらそうに視線を送ってくる」(25歳/マスコミ・広告/その他)

・「目が赤い」(22歳/情報・IT/事務系専門職)

・「うるうる涙目」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

鼻水と共にやってくるのが、目のかゆみです。赤く涙目になり、どこかとろんとした印象にもなります。まるで酔っぱらったときのような!? 普段とは違う魅力をアピールできるのではないでしょうか。

■マスク効果

・「マスクがかわいいやつ」(24歳/その他/その他)

・「マスクしているだけで、かわいく見える」(27歳/学校・教育関連/その他)

顔の半分を隠してしまう大きなマスクは、男性の「マスクの下の表情」を想像させるパワーがあります。もしかしたら、普段よりも美人度アップするのかも……!? 自分の顔にピッタリのマスクを探してみてください。

■番外編「キュン!」より、「同情」

・「むしろそうなっているときは、かわいそうにと思う。薬を差し出してやりたい」(28歳/その他/その他)

・「自分も花粉症なので同情する」(23歳/その他/クリエイティブ職)

花粉症で悩む男性も多い中、「その辛さは他人事ではない!」という意見も目立ちました。同じ悩みを持ったもの同士、辛い季節乗り越えたという、奇妙な連帯感も生まれるかもしれませんよ。

■まとめ

辛くてたまらない花粉症の季節ですが、花粉を取り入れないよう一工夫するだけで、ずいぶんと楽に生活できるケースもあります。くしゃみやマスク姿を見て、かわいいと思ってもらえるのはうれしいことですが、やはり快適に過ごせるのが一番! 少しでも楽に生活できるよう、意識して乗り切りたいところですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数332件(22歳〜39歳の働く男性)