PMSにもおすすめ!「シナモン」の知られざる魅力

写真拡大

シナモンロールやアップルパイでおなじみのスパイスといえばシナモン。

サニーヘルス株式会社のmicrodiet.netというサイトにて、シナモンの効能が紹介されています。それによるとシナモンには毛細血管をケアするはたらきが期待されており、ダイエット、冷え性、美髪や美肌にも良いようです。

そこで今回は管理栄養士でPMSの方向けに食事カウンセリングを行っている筆者が、PMSの方にもおすすめできるシナモンのパワーについてお伝えします。

シナモンって何がすごいの?

紅茶やカプチーノなどに添えられていることもあるシナモンスティックは、クスノキ科の常緑樹の樹皮を薄く剥がしとり丸めて乾燥させたもの。粉末にしたものがシナモンパウダーです。

解熱、鎮痛作用によって風邪の症状を和らげたり、消化を促進して胃や腸の働きを整えたり、冷え性改善などの効果もあるといわれ、薬としても使用されてきました。

PMSの方にはどう?

生理前になると風邪を引きやすくなったり、胃もたれしやすくなる、便秘や下痢をしやすくなる、体が芯から冷える気がする……。いずれもPMSの症状です。

シナモンの効能はこれらの改善にぴったりですね。またシナモンには血糖値の急激な上昇を防ぐはたらきもあります。血糖値の急激な上昇そして低下はイライラや疲れを増長させると言われています。

生理前になると女性ホルモンの関係で血糖値が乱れやすくなるので、シナモンは強い味方ですね!

美味しいシナモンの活用法

・おやつタイムの飲み物にパウダーをふりかけて

血糖値を急激に上げやすい代表選手は甘いお菓子&甘い飲みもの。そこにシナモンパウダーをふりかけるだけで、血糖値をゆるやかに上げてくれるので優れものです。

コーヒー・紅茶・ココアにさっとシナモンパウダーをふりかけてみてはいかがでしょうか。

・果物に

果物とも相性が良いです。バナナやリンゴなどをソテーしてシナモンをまぶすと美味しいですよ。

シナモンには甘みを引き立てる効果があるので、果物の甘みだけでは物足りない方も満足できるかもしれませんね。

・料理にスパイスとして

シナモンが入ったスパイスに五香粉(ごこうふん・ウーシャンフェン)があります。中国やベトナムでよく使われています。

マーボー豆腐やチャーハンを作る際に使用すると、料理の腕がアップしたように感じますよ。

シナモンの過剰摂取は肝障害を引き起こします。料理や飲み物に振りかける程度なら毎日食べても大丈夫と言われていますので、ご活用ください。

いかがでしたか? いつものおやつタイムや料理にとり入れることで、PMSを楽にされてくださいね。

【参考】

※ 美容に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開 『シナモンのダイエット&美容パワーとは』 - サニーヘルス株式会社

【画像】

※ merc67 / shutterstock

【筆者略歴】

海老沢 直美

高校生から13年悩んでいたPMSを「食×睡眠×心」で心身共に楽にした経験を活かし、食事カウンセリングを行う。生理に振り回されていた女性が、望む人生を送るためのサポートをしている。