神戸に痛手...FWレアンドロが左膝前十字靭帯損傷および外側半月板損傷で全治約6カ月

写真拡大

▽ヴィッセル神戸は28日、FWレアンドロ(32)が神戸市内の病院にて検査を行った結果、左膝前十字靭帯損傷および外側半月板損傷と診断されたことを発表した。全治は約6カ月の見込み。

▽2015年に柏レイソルから神戸に加入したレアンドロ。今月25日に行われた明治安田生命J1リーグ開幕節の清水エスパルス戦(1-0で神戸が勝利)では、先発出場を果たすも、62分に競り合いの際に足を痛め、負傷交代していた。