写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プラスワン・マーケティングは、FREETELの電話かけ放題アプリ「だれでもカケホーダイ」を3月1日に提供開始する。FREETEL SIMのユーザーだけでなく、それ以外のMVNOや3キャリアと契約している人も利用可能で、月額料金は299円から(以下すべて税別)。

だれでもカケホーダイは、従来の「FREETELでんわ」をリニューアルしたもので、FREETEL SIMのユーザー以外も利用できる電話かけ放題アプリ。IP電話でなく、通常の電話回線を利用する。

プランは月額299円の「1分かけ放題」、840円の「5分かけ放題」、1,499円の「10分かけ放題」の3つを用意している。また、月額料金が不要で、常に30秒/10円で通話できるプラン「いつでも半額」も選択できる。

だれでもカケホーダイは、電話番号の変更なしで利用可能。スマートフォンの電話帳から連絡先を読み込み、だれでもカケホーダイアプリから電話をかけることもできる。国際電話の対応国も拡大。FREETELでんわは5カ国のみの対応だったが、だれでもカケホーダイでは世界36カ国へ30秒/10円で通話できる。

各プランの詳細は以下のとおり。

○1分かけ放題(月額299円)

最初の1分間は0円
※1分超過分: 30秒/10円

○5分かけ放題(月額840円)

最初の5分間は0円
※5分超過分: 30秒/10円

○10分かけ放題(月額1,499円)

最初の10分間は0円
※10分超過分: 30秒/10円

○いつでも半額(月額料金なし)

通話料は30秒/10円