ちょっとアリかも…?男性が恋愛対象外の女性を視野に入れる瞬間

写真拡大



こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

友達同士だったはずのふたりが、ひょんなことから、相手の知らない一面を見ることで、お互いを意識することはあります。

一度意識してしまうと、前のような友達として見れなくなってしまうようです。では、男性の場合はどんなことから女友達をひとりの女性として、意識し始めるのでしょうか?

今回は、男性が恋愛対象外の女友達を意識してしまう瞬間について、4つお伝えしていきます。

■1.あなたが好意を示したとき

恋愛対象外といえども、それはストライクゾーンでないだけであって、気にはなるくらいの存在である場合もあります。

そのような場合、女性から彼が好みの男性のタイプであることや、ちょっといいなと思っていたことなど、男性が期待するようなことを伝えられると、一気に女性として見始めることでしょう。

心理学では「好意の返報性」といって、好きだと言ってくれる人には好意で返したくなるといわれていますからね。

それに、せっかく女性に好意を持ってもらっているわけだから、断るのはちょっともったいないという心理もはたらくので、その女性との恋愛を視野に入れ始めるのです。

■2.容姿が大きく変わったとき

たとえば、髪型を大幅にチェンジしたり、メガネだったものをコンタクトレンズに変えたり、ダイエットでスタイルが良くなったりと、容姿が大きく変化すれば愛対象内に入る可能性があります。

もともと男性は、女性よりも容姿を重視する傾向があります。そのため、容姿が変化することでその女性を好きになることはあるのです。

ただし、大きく変わるにしても彼好みでないと意味はありません。事前に調査などをして彼の好みを把握しておきましょう。

■3.特別な姿を見せてくれたとき

たとえば、普段明るくて冗談も言いあえる女性が、ふたりきりになったときに落ち込んでいる姿を見せてくれたら…男心がぐらつくことがあるのです。

もともと男性の心には、女性を守りたいという保護欲求があり、そこがストレートに刺激されるためです。

しかも、他の人にはその姿を見せていないというのがポイント。「自分にだけ弱い姿を魅せてくれることは、心を開いてくれているんだ」と男性は感じるので、保護欲求を余計に刺激していくのですね。

■4.たまたま体の一部が触れたとき

歩いていて、偶然手が触れたときや、電車で女性が寝てしまい肩に寄りかかってきたときなど、意図しないところで身体接触があった場合、男性の気持ちが揺らぐことはあるようです。

恋愛のテクニックでも、意図的にボディタッチすると好意を持たれるとありますが、友達関係にある場合にはあまり意味がありません。

ですが、意図しない偶然から男性に触れることがあると、思わず女性を意識してしまい、好意をもたれることもあるのです。

■おわりに

いかがだったでしょうか?

もし、あなたが、男友達を好きになったとき、以上のようなアプローチを自然にやってみるといいかもしれません。

きっと、長い付き合いの男友達であっても、関係を変化させることができるかもしれませんよ。

ご参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)