札幌を1-0で下して幸先の良いスタートを切った仙台。スタメンを飾った大卒ルーキーの永戸(2番)には可能性を感じた。今後が楽しみな選手だ。(写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[J1リーグ開幕戦]仙台1-0札幌/2月25日(土)/ユアスタ
 
 まずは、札幌について触れると、まだ1試合を終えたばかりだけど、J1では厳しい戦いを余儀なくされそうだ。
 
 J2時代はすごく良いサッカーをしていたと思う。ポゼッションができていたし、都倉という確固たる前線の軸もいる。今季は監督も変わらず、継続路線でJ1に挑むチームに期待はしていたんだけど、ひとつ上のカテゴリーでは自分たちの持ち味を十分に発揮できていなかった。
 
 スコアこそ1-0で、ゴールを奪うチャンスはあっただけに“惜しかった”という印象があるかもしれない。でも、仙台が前半の決定機を確実に仕留めていれば、完敗していた可能性も十分にあった。
 
 特に気になったのは、CBが相手のプレッシャーを受けると、後ろからのビルドアップがままならなかったこと。あとは、都倉を抑えられると、その他の選択肢が少なく、攻撃が手詰まりになっていた。彼ひとりに頼らない新たな攻撃パターンをいくつか増やしていったほうがいいと思う。
 
 一方の仙台は、慣れ親しんだ4-4-2から3-4-2-1にシステムを変更。新たなスタートを切ったなかで、目を引いたのが左ウイングバックの永戸だ。
 
 大卒ルーキーで、さっそく開幕スタメンを飾ると、スピードを武器に左サイドで存在感を放ち、対面のマセードとの勝負はほとんど負けていなかった。縦に抜けてチャンスメイクするだけでなく、カットインしてからシュートも放つ。伸びしろを感じさせるパフォーマンスで、彼自身も確かな手応えを掴んだんじゃないかな。今後が楽しみな選手だと思う。
 
 逆に、右サイドの菅井があまり目立っていなかった。攻撃力のある選手だけど、おそらく永戸とのバランスを見ながらプレーしていたんだと思う。彼はゴールの嗅覚もあるから、もっと前に出て行けるようになると、左右からより脅威に与えられるはずだ。
 
 もっとも、ウイングバックを配置するシステムである以上、両サイドから仕掛けられるのが理想だけど、それには最終ラインからの配球が鍵を握ると見ている。

【仙台 1-0 札幌 PHOTO】石原のゴールで仙台が開幕戦勝利を飾る!
 仙台の3バックは、DF間でテンポ良くボールを受け渡すことができていたし、機を見て縦パスを打ち込み、それを受けた前線の選手たちが連動して崩そうとする狙いは見て取れた。CFを務めた新戦力の石原も、浦和や広島でこのシステムに慣れているだけに、問題なくプレーできていた。
 
 そのアプローチ自体は悪くなかったけど、もう少し、最終ラインからのサイドチェンジを多くしたほうがいいように感じた。
 
 横に横に、と足もとで回すのは、確実にボールを受け渡す反面、相手にスライドされて対応する時間を与えることにもなる。例えば、右ストッパーの大岩から、左ウイングバックの永戸に一発でパスを通せば、そこにシャドーかボランチが絡んで、簡単に2対1の状況を作り出せるのに、と思うシーンは何度かあった。
 
 左右に揺さぶることで、今度は中央が空いてくるから、また攻撃の幅も広がってくる。それこそ、石原を軸にフリックやスルーを多用した崩しも効いてくるはずで、ゴールチャンスも増えていくと思う。
 
 ダイナミックな展開が出てくれば、新戦力や新システムの魅力がもっと引き出されて、仙台はさらに手強いチームになるはずだ。