【プロストも加入】マシンが大幅変更されるルノーF1の2017年シーズンは期待度大

写真拡大 (全20枚)

レギュレーションの大幅改訂で迫力を増したニューマシン

間もなく2017年F1GPが始まる。開幕戦は3月26日に決勝レースを迎えるメルボルンのアルバート・パークに特設される公道コースのオーストラリアGP。今年は、そこから最終戦、11月26日のアブダビGPまでの20戦が世界各国を巡って行なわれる。

そこに向けて、ルノー・スポール・フォーミュラ・ワン・チームは、他チームに先駆けて、2000人以上の列席者を集め、ロンドンで新型車のRS17を発表した。

今年のF1は大変革の年と言われている。車両規則が大きく変更されたからだ。1950年から始まるF1GPの歴史で、これまで車両規則は数えきれないほどの変更を繰り返してきた。繰り返し変更される規則は、テクノロジーを追求してスピードを高めようとするデザイナーたちと、安全のためにスピードを抑制しようとするFIAとのいたちごっこにも似て歴史を繰り返してきた。

しかし今年は、これまでとは正反対の方向に規則が変わった。これまでは、変更によってスピードが抑制され、それをデザイナーたちが乗り越え、さらに規則が厳しくなる、という「抑制」パターンだったが、今年の規則は、ラップタイムが平均して4秒ほど速くなると噂されているからだ。これまでとは、まったく反対に規則が動いたのだ。

規則変更は、新たに発表されたルノーRS17の外観からも見て取れる。マシンの外観は格段に迫力を増し、特にリヤタイヤは、幅広くなり、ボディは低く幅広くなり、リヤウイングは地上高を規制され、低い位置に装着された。これらの制約で、2017年型のマシンは、幅広く、平べったくなり、観るものに迫力を与えるシェイプになった。

ルノー・スポールF1チームのテクニカル・オフィサーのボブ・ベルは、RS17を前にして、「ワイドになったタイヤとボディ、新しいフロントウイングと低いリヤウイング、そしてパワフルなディフューザーで、去年に比べてラップタイムは5%縮まるだろう」と語った。

他チームより早く姿を現わしたルノーRS17は、ルノーF1チームのイメージカラーのイエローと黒に塗り分けられているが、大きくなったボディは見るからに迫力にあふれ、開幕戦のスタートが待ちきれない気分にさせてくれた。

ボディが大きくなったということは、空気抵抗が増加して直線部分での最高速は落ちる方向だが、パワーユニットと呼ばれる回生システム付きのハイブリッドエンジンは、去年より進化してパワーアップしていることから、空気抵抗の増大分を帳消しにするかもしれない。


ボブ・ベルがコメントした、ラップタイムが5%速くなる、具体的には1周あたり4秒ほど速くなる計算になるという理由は、、大きなタイヤでグリップが上がり、ダウンフォースが強力になることで、コーナリングスピードが格段に高まるからだ。

F1界のレジェンド「アラン・プロスト」がアドバイザーに就任

今年のルノーの注目点は、新たなドライバーの組み合わせにもある。フォースインディアから移籍したニコ・ヒュルケンベルグは、F1デビューの2010年のブラジルGPでポールポジションを奪ったスピードを持つ29歳のドイツ人。

8年目を迎えるベテランとコンビを組むのは、去年F1にデビューした新鋭でありながら、ベテランの味を見せるジョリオン・パーマー。父親のジョナサンもティレルでF1に名を残した血統書付きのイギリス人だ。ベテランとフレッシュマンの組み合わせは、チーム体制としても期待されている。サードドライバーにはGP2のタイトルを争ったロシアのセルゲイ・シロトキンが昇格している。

そして、発表会の会場を湧かせたのは、アラン・プロストの登場だった。アイルトン・セナの宿敵として活躍し、4度のワールドチャンピオンを奪ったプロストは、2017年にルノー・スポールF1チームのスペシャル・アドバイザーに就任が発表された。

プロストは、言葉少なに、「経験とネットワークを活かしてチームに貢献したい」と語ったが、「まるで自分たちが走っていたオールドデーのように太いタイヤのマシンでビッグチャレンジが展開するだろう。ドライバーの体力も試されるはずだから、若い世代の観客にもインパクトを与えることを期待したい」と復帰するF1への想いを語った。

プロストのスペシャル・アドバイザー就任は、ルノーが2017シーズンにかける意気込みを裏付ける事実として、世界に受け取られた。

ルノー・スポールF1チームは、2月27日から3月2日と、3月7日から10日にそれそれスペインGP会場であるバルセロナのカタルーニャ・サーキットでの合同テストを皮切りに、3月24日に幕を開ける2017年シーズンに向けて実走行を開始し、新たなチャレンジに船出する。