人気の「ハンバーグカレードリア」(862円)など8商品が新・合挽きハンバーグでさらにおいしく

写真拡大

デニーズは、主力商品の合挽きハンバーグを改良した新・合挽きハンバーグを使った「ハンバーグカレードリア」(862円)など8商品を3月7日(火)から販売する。

デニーズの「ハンバーグカレードリア」(862円)がさらにおいしくなった

新・合挽きハンバーグは、100日以上穀物飼育をしたオーストラリア産のブラックアンガス牛と、国産豚の合挽きを使用。肉の部位までこだわり、配合比率も見直して肉本来の美味しさを最大限に引き出している。肉汁を閉じ込める新製法も導入し、ふっくらと柔らかくジューシーな食感を楽しむことができる。新・合挽きハンバーグを使用するのは以下の8商品。

■ 「ハンバーグカレードリア」(862円)

累計販売数が1100万食を超えるデニーズのロングセラー。スパイスの効いたカレーにオリジナルブレンドのチーズをたっぷりと乗せ、香ばしく焼き上げたドリアが新・合挽きハンバーグでさらにおいしく味わえる。

■ 「アボカドベーコンハンバーグ」(1186円)

アボカド、ベーコン、コクのある照り焼きソース、タルタルソースのコンビネーションが楽しめる春の定番ハンバーグ。それぞれの素材のおいしさが新・合挽きハンバーグでさらに引き立てられている。

■ 「ベーコンチーズハンバーグ」(1078円)

カマンベールやパルメザン、ゴーダ、ゴルゴンゾーラなど7種のチーズをブレンドしたハンバーグ。クリーミーな濃厚チーズソースが新・合挽きハンバーグとともに楽しめる。

■ 「刻みわさびのおろしハンバーグ〜黒にんにくと黒たまねぎのソース」(916円)

熟成した黒ニンニクと黒タマネギが入った醤油ベースの和風ソースが、甘みと風味が調和した深みのある味わいを表現している。

ほかに、「アボカドハンバーグ」(1078円)、「7種のチーズハンバーグ」(970円)、「デミグラスハンバーグ」(808円)、「和風ハンバーグ」(754円)といった定番商品も新・合挽きハンバーグでさらにおいしくなった。グレードアップしたハンバーグをぜひ試してみよう。【東京ウォーカー】