【詳細】他の写真はこちら

「5万円で時計を1本買うなら、2万円の時計を2本買った方がいい」と語るのは、時計ライター/ジャーナリストにして『クロノス日本版』編集長の広田雅将氏。その広田氏が『Apple Watch』を使い続ける理由とは!?

 

「Apple Watchは、腕時計を十分に研究して作られたプロダクト。だから使い続けているんです」

『クロノス日本版』の編集長・広田雅将氏は、自身がApple Watchを愛用する理由をこのように説明する。魅力は「ハードウエアとしての完成度の高さ」にあるという。

「結局、スマートウォッチはバッテリーの寿命が延びないと色々とできない。でも、現時点でそれは望むべくもないですよね。だからメーカーとしては、とにかくハードの完成度を上げて腕に着け続けてもらうしかないわけですが、それを真面目に行っているのはアップルだけ」

広田氏がApple Watchに対して感じているのは「腕からスマートウォッチを外されないことへの強い執念」だとか。その証左がケースの質感と装着感である。Apple Watchのケースの仕上げについて、氏は以前より「高級時計にほぼ匹敵する」と語っていたが、もうひとつ「ストラップ交換が容易である」ことも、魅力につながっていると指摘する。

「現在は、さまざまなメーカーがスマートウォッチに参入していますが、これらの多くは『時計をスマートウォッチ化』したもの。ストラップなどの作りは時計と同じで、だとすれば時計メーカーが作るモノの方が良くできているのは当然ですよね。その中でもASUSの製品は魅力的ですが、まだストラップのバリエーションが少ないのが残念。一方、時計メーカーのスマートウォッチも、本来の強みである省電力化の技術がまだ反映仕切れていない。その点、カシオ(参考記事)の試みは興味深いですね」

Apple Watchが具現化する「ハードウェアとしての完成度の高さ」





CROWN

iPhoneでも物理キーの排除を行ってきたアップルだが、AppleWatchでは、腕時計におけるリューズで機能を操作する手法を採用。滑らかでガタつきのない感触は、高級時計の作り込みにも比肩。

ASSEMBLE

アップルのお家芸である切削技術は、もちろんApple Watchでも用いられる。面が整い、エッジを残せることに加え、部品の噛み合わせも正確。そのクオリティの高さは生半可ではない。

CASE

とりわけステンレススチールを採用したモデルは、高級時計に匹敵するほどの仕上がり。ステンレスを鍛造し、それを切削する手法を用い、歪みのない面とエッジを両立している。

WEARING

他のスマートウォッチとの大きな違いが「装着感」。時計本体の重さを減らし、一方でブレスレットやストラップに重みを与えることで高級時計の着け心地に匹敵するようになっている。

STRAP



ストラップのバリエーションを充実させ、交換を簡単に行えるようにしたのは、まずApple Watchを腕時計として楽しんでもらおうとする、アップルの強い意志が感じられるポイント。

文/武田裕紀

※『デジモノステーション』2017年3月号より抜粋