写真提供:マイナビニュース

写真拡大

損害保険ジャパン日本興亜は2月24日、個人向けスマートフォン用カーナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」への新機能追加を発表した。なお、追加は3月からとなる。

「ポータブルスマイリングロード」は2016年10月より、同社の契約者に限らず無料提供している。このたび追加される新機能は、東京大学とビッグデータ解析技術の高度化を進め、その研究内容を活用して開発されたもの。

危険な場所が近づく前に音声通知される「事故多発地点アラート」には、同社のテレマティクスサービスの走行データから収集・分析された、「事故が発生する可能性のあるヒヤリハット地点データ」(約1,000箇所)が新たに追加される。

また、運転診断結果に応じて安全運転をすればするほどポイント(マイル)が貯まる仕組みを導入。貯めたポイント(マイル)でアプリ内のプレゼント応募が可能だという。

このほか、話題のスポットやイベント情報の提供のほか、車検期日が近づくとアプリに通知される機能も付与される。

(CHIGAKO)