『けものフレンズ』メインキャストによるSPユニットがファンの前で新曲初披露

写真拡大

現在、テレビ東京他で放送中のTVアニメ『けものフレンズ』のメインキャストによるユニット、どうぶつビスケッツ×PPPが歌う番組オープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」を初生披露したCD発売記念イベントが2月25日ダイバーシティー・東京プラザ、フェスティバル広場で開催された。

どうぶつビスケッツ×PPP イベント写真

 今回のスペシャルイベントには、約1,000人のファンが集結。メインキャラクターのサーバル、フェネック、アライグマの3名によるユニット、どうぶつビスケッツと、ジャパリパークのペンギンアイドルユニット、PPP(ぺパプ)が、『ようこそジャパリパークへ』の通常盤CDジャケットと同じキャラクターに扮した衣装を着て登場。キャストによる自己紹介や劇中のシーンを再現した名セリフなどを披露し、PPPによる挿入歌「大空ドリーマー」、どうぶつビスケッツ×PPPによる「ようこそジャパリパークへ」を初披露した。

 また、イベント当日にはTVアニメ『けものフレンズ』ドラマ&キャラクターソングアルバム『Japari Cafe』とオリジナルサウンドトラックの2つの作品が5月17日に発売となることも発表された。

 そして、本日28日深夜放送のアニメ『けものフレンズ』(第8話)ではいよいよペンギンアイドルユニット、PPPが登場する。そして3月1日よりPPPが歌う「ようこそジャパリパークへ(PPP ver.)」の単曲配信もスタートする。