新進気鋭のショットメイカー、堀琴音 彼女が初優勝するために必要なものとは?(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

3月2日(木)から行われる「ダイキンオーキッドレディス」で2017年の国内女子ツアー開幕。今年の見どころや展望についてツアー通算41勝を挙げている森口祐子に話を聞いた。
【関連】重要なのはトップの“間”!堀琴音スイング解説
最後となる第4回は、第3回に収まりきらなかった期待の若手・堀琴音について。昨年「日本女子オープン」で2位、日米共催「TOTOジャパンクラシック」で日本人唯一となるトップ5フィニッシュを見せた新鋭が今年初優勝を挙げるために必要なこととは。

堀さんの良さは技術の高さに加えて、良い意味でマイペースなところ。これは人と戦ってないと言い変えることもできます。バーディを獲りだすと、みんなが難しいと言うようなホールでも、「えっ?難しかったですか?」という感じであっさりバーディを獲ったりして、手を付けられないところが魅力ですね。十分に勝てる要素を持っている選手だと思っています。
あとは気持ちの部分です。勝ちたい気持ちが強いからだと思いますが、優勝争いをしているとルーティンがどんどん早くなる。去年の日本女子オープンは特にそうでした。
彼女は攻撃的に自分で仕掛けてゲームを支配できるタイプなのに、自分でゲームを崩しちゃうところがもったいないところ。ラウンド中にどこかでスイングも気持ち的にもふっと抜けてしまう時がある。結果を見過ぎてしまうというか。そこがゴルフの難しさなんですけどね。だから18ホールだったら堀さんの場合は、27ホール戦ってきますくらいの感じでやったらいい。「あと1ホール。でも、まだ1ホールあるぞ!」という気持ちで切らさずやるともっともっと良い成績を収めることができると思います。
もっと自分の状況を受け止めてもいいのかなと思います。誰だって自分が上に立ってたら気持ちは揺れ動くものだし、チャンスは欲しいもの。でも、人のスコアを操作できないのがゴルフ。今置かれている状況を来るもの拒まずという感じで客観的に見てプレーしてほしいですね。
さらに上を目指すために「もっと体を大きくしてほしい」ということもありますが、初優勝を挙げる、ということに絞れば今まで述べたような気持ちの部分だと思います。でも技術も高いし、自分のゴルフでまだまだ上を目指してる前向きさをすごい感じます。だから今年注目の1人であることは間違いないですね。
解説・森口 祐子(もりぐち・ゆうこ)/1955年4月13日生まれ、富山県出身。通算41勝を挙げ、日本女子ツアーで6人しかいない永久シード保持者の1人。一男一女の母でもある。現在は解説者としても活躍中。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【森口祐子の展望テンコモリ】世界に引けをとらない松森彩夏のショットに注目!
「自信になる」堀琴音が意地の3位!日本勢唯一のベスト10フィニッシュ
「オートバックス」×「ゴルフパートナー」スタート! クルマとゴルフの『協働』で“若者離れ”を防ぐ
秘蔵オフショット写真も追加!女子プロ写真館