仙台に痛手、レンタル加入中のMF中野が左ひざじん帯損傷…全治約12週

写真拡大

 ベガルタ仙台は28日、MF中野嘉大が負傷したと発表した。

 クラブによると、中野は2月18日の練習試合で負傷。左ひざ内側じん帯の損傷と診断され、全治は約12週間と見込まれた。

 今月24日に24歳の誕生日を迎えた中野は、筑波大学から2015年に川崎フロンターレへ加入。今シーズンは仙台へ期限付き移籍し、「1日でも早くチームに順応し、勝利に貢献したいと思っています」と新シーズンに向けて抱負を語っていたが、戦列を離れることとなった。