チョ・ジヌン主演映画「解氷」日本を含む世界4ヶ国で先行販売確定

写真拡大

映画「解氷」(監督:イ・スヨン) が海外有名映画祭に相次いで招待されたことに続き、北米、日本など海外4ヶ国への販売が確定し、全世界を魅了している。

「解氷」側は28日「海外有名映画祭への招待に続き、海外4ヶ国で先行販売される快挙を成し遂げ、韓国内の熱い熱気を海外までつなげていけるものと期待を高めている」と明らかにした。

世界3大ファンタスティック映画祭であり、想像力を重視する「ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」を通じて、練り込まれたストーリーと心理スリラージャンルの特色が高く評価されている。

また、アジアの映画を紹介するヨーロッパ最大規模の「ウーディネ極東映画祭」をはじめ、「ハワイ国際映画祭」スプリングショーケースまで、相次ぐ招待で全世界的な関心を受けた。

イ・スヨン監督の素晴らしい演出と、俳優たちの安定した演技力、緊張感溢れるサスペンスで、韓国と海外評論家から好評を得た。

特に、海外映画祭を通じて「良い演出と脚本によってサスペンス的なムードが上手く作られており、観客を魅了する上で十分だ」(「ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」フレディ補助プログラマー)、「緊張感が高く、息が詰まるようなスリラー秀作だ」(「ウーディネ極東映画祭」プログラマー、サブリーナ・バラセッティ)、「イ・スヨン監督の慎重な脚本が際立ち、演出的にも驚くべき心理スリラーを作り出した」(「ハワイ国際映画祭」スプリングショーケースプログラマー、アンナ・ページ) などの好評を得て、作品性と大衆性の両方で好評を受けるなど、世界中を魅了して注目を集めている。

「解氷」に対する関心はここで止まらない。韓国公開に先駆けて、北米、日本、香港、フィリピンまで海外4ヶ国先行販売完了という快挙で、世界中の観客に映画を披露できるようになったのだ。これに対して、フィリピンの配給を担当したViva Communicationは「韓国のもう1つのスリラー大作になるものと予想しており、すごく楽しみだ。フィリピンの観客が特に好きなジャンルの映画だ」と明らかにし、映画に対する世界的な関心を実感させた。

世界中を魅了した「解氷」は、3月1日に韓国で公開される。