■超難題の提案に、「だったら、お前がやれ!」

スズキ・スイフトはグローバルカーとして販売されており、各国の内訳はインド55%、欧州17%、日本10%と、インドでの販売が過半数を占めています。日本では欧州で鍛えられたコンパクトカーという印象が強いですが、「走りは欧州、販売はインド」というスズキの戦略が伺えます。

1

3代目となる新型スイフトの最大の特徴は、先代比で約120kgの軽量化を達成するとともに、高剛性ボディを実現したことにあります。

実はこの軽量化の難問を提案した人こそ、新型スイフト・開発責任者の小堀CE(チーフエンジニア)ご本人でした。前職は先行開発の技術企画に籍を置き、「スイフトなら120kg軽くできます!」と提案した張本人なのですネ。 そしてこの大胆な企画に対し「だったら、お前がやれ!」と、本人に開発を任せるのですから、スズキの経営陣もなかなかだと思います。

■「言うは易し行うは難し」の開発プロセス

実際の開発では、新型スイフトはバレーノに続いて新世代Bプラットフォーム「HEARTECT」を採用しました。もともと「HEARTECT」は軽量&高剛性が持ち味ですし、先にセダンのバレーノがデビューしたので、新型スイフトは守備範囲を変えることなく、シンプル&軽量なコンパクトカーに徹することができると判断していました。

しかし実際に開発に取り組んでみると、軽量化は簡単ではありませんでした。机上検討では現れないNV(騒音振動)等の商品価値を低下させる事象が相次ぎ、一筋縄ではいきませんでした。そしてそれこそあらゆるパーツで、身を削るような軽量化や形状変更等を積み重ねて、目標を達成したのです。

クルマの開発において、高価な素材を使うことなく軽量化と高剛性を両立することは最難関の課題です。しかも新型スイフトでは、車重960kgから12.5%も削減しているのですから本当に素晴らしい!

さらに新型スイフトでは、今ではすっかり少なくなってしまった5MTもしっかりラインアップされていますから、欧州仕込みの軽量小型コンパクトカーを存分に堪能できると思います。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

第546弾スイフトのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9379

「だったら、お前がやれ!」─ 新型スイフトの軽量化物語とは!?(http://clicccar.com/2017/02/28/448799/)