青春純愛映画に主演の橋本環奈が語る「卒業」そして「青春を感じる瞬間」とは…?

写真拡大

 

 

 

Sexy Zoneの佐藤勝利さんと橋本環奈さんがW主演をつとめる映画『ハルチカ』がいよいよ3月4日(土)から全国公開されます!

 

HC_TSRposter_forWEB_0923b

 

大ヒット青春小説であるハルチカシリーズを実写化した、ファン待望の作品で、佐藤さん演じる頼りないけど優しいハルタと、橋本さん演じるまっすぐで負けん気の強いチカは幼なじみ。

 

ハルタの引っ越しを経て、高校の入学式で運命的な再会を果たした2人は、廃部寸前の吹奏楽部を立て直していく中で、ただの幼なじみから相手を想う存在へと変化していき…。

 

サブ1_webサブ6_web

 
 

青春時代の何気ない日常にある、ささいな喜びやもどかしさが、吹奏楽の響きに乗せて爽やかに吹き渡るような、吹キュン純愛ストーリーになっています。

 

 

 

そんな注目映画『ハルチカ』でヒロインのチカを演じた橋本環奈さんに直撃インタビュー!

 

現場でのエピソードから、作品の見どころ、自身の青春の思い出、気になる春夏のファションアイテムまで!

た〜っぷり語っていただきましたのでどうぞ♡

 

 

 

原作は大ヒット小説シリーズ

 

――大人気シリーズのヒロイン、チカを演じることが決まったときの心境は?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「はじめに『ハルチカ』シリーズの小説を読ませていただいた時から、登場人物たちのキャラクターがたっていてすごく面白かったので、演じることがとても楽しみでした。チカはとにかくまっすぐな性格で、自然とみんなをふるいたたせて引っぱっていく存在なので、とくに幼なじみのハルタに対する、遠慮のない発言や行動、彼にしか見せない表情は意識して演じました」

 


――ハルタ役の佐藤勝利さんの印象を教えてください。

 

「(撮影に入る前の)顔合わせで初めてお会いしたんですが、口数が多いタイプではなく静かな方、という印象でした。実はクランクインの日が、ハルタを蹴ったり殴ったりするシーンだったんです…! けど、初日からそういった思い切ったシーンの撮影だったからこそ、ハルタとチカの関係性がお互いにわかったと思いますし(笑)、そこから2人の個性をしっかり積み上げていけたと思います」

 


――ハルタのような頼りないけど優しい男の子についてどう思いますか?

 

「ハルタは普段は頼りないんですけど、しっかりみんなのことを見ていて、人の気持ちを考えられるところ、ここぞという時に人を助けられるところが素敵だなと思います」

 

 


練習を重ねて深めた絆

 


――舞台は吹奏楽部でしたが、楽器の演奏はいかがでしたか?

 

サブ7_web

 

「フルートを吹くことは初めてで、みんなより練習も遅れて始めたので、最初は追いつくのに必死でした。でも楽器初心者が多くて、経験者も未経験の楽器を担当する役だったり、逆に上手な人が初心者の役だったりで(笑)。お互いに教え合ったり、姿勢や息を合わせるタイミングを隣同士で確認しながら練習を重ねていたので、本当に部活みたいでした」

 


――全国の吹奏楽部にも公開を楽しみにしている人が多いかと思いますが、とくに見てほしい吹奏楽シーンを教えてください。

 

サブ4_web

 

「いちばんは、みんなで『ハルチカ』のテーマ曲でもあるオリジナル曲を演奏しているシーンです! いい曲ですし、本当にみんなで頑張って演奏して、指導してくれた先生たちも『吹奏楽部の人が見ても納得できる仕上がりになってるよ!』と言ってくださったので。他にも、チカが個人練習で演奏している『亜麻色の髪の乙女』、あと『上を向いて歩こう』の演奏は部員みんな大好きで、たくさん練習しました!」

 


――まさに吹奏楽部として絆を深めていったんですね! ラストの演奏を終えた時はどんな気持ちでしたか?

 

「最後の演奏シーンは、1日がかりで撮影しました。金管楽器は口が、木管楽器は指が限界を迎えつつある中、無事に撮影は終えたのですが、その後に、勝利クンがスタッフさんに頼んでくれて、最後の最後に、監督やスタッフ、楽器指導の先生方に向けて、みんなでもう一度オリジナル曲を演奏させてもらえたんです! みんなの『まだ終わりたくない、演奏したい』という気持ちを代弁してくれたからこそ実現しました。(市井昌秀)監督は会うと、『今でもその動画を時々見るんだよね』と言ってくれます(笑)」

 


――青春を感じさせる素敵な現場ですね! 橋本さんご自身はこの春、高校卒業を迎えますが、高校生活を振り返って、青春を感じた瞬間はありますか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「私は東京で仕事をしながら、高校生活は福岡で過ごすことを選択しました。両立は難しくて、転校を考えることも何度もあったんですが、周りの友だち、先生方が本当によく支えてくれて、今の高校を無事卒業出来る事になりました。本当に楽しい3年間でした。部活には所属していませんでしたが、私にとっては普通の高校生としての何気ない会話、時間が青春といいますか、かけがえのない大切な瞬間だったと思います。学校から2時間かけてずっと話しながら歩いて友だちの家に行ったり(笑)、くだらない会話だけで何時間も楽しく過ごせること。一見、ムダじゃない?って言われそうな何気ない時間に救われていました」

 


――素敵な高校生活だったんですね。今、卒業を前にしてどんな気持ちですか?

 

「最高の出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。誕生日や(第40回)日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞することが決定した時も、サプライズでクラッカーを鳴らしてお祝いをしてくれたり、『環奈が参加できなかったから、今度みんなで改めて修学旅行をやろう』と言ってくれたり、アカデミー賞の授賞式と重なって、後から私ひとりで校長室で迎える卒業式にも、みんなが来てくれるみたいで。この春卒業して、進路はばらばらになりますが、みんなとの絆は強くあり続けると思います」

 


ここで、春にぴったりな刺繍と透け感が可愛い衣装に身を包んだ橋本さんにファッションについて質問!
 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


――春夏に気になっているファッションアイテムはありますか?

 

「今欲しいのは春ニット。他にも帽子などの小物、明るい色や派手な柄をはじめとしたアイテムをGETしたいです!」

 


――では最後に、橋本さんと同世代も多い109ニュース読者へメッセージを!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「同世代の方はとくに入り込みやすく、共感できる部分がたくさんあると思います。吹奏楽部の仲間との演奏シーンや、お互いを助け合うシーンにキュンとくる人も多いはず。ぜひ劇場で楽しんでください!」

 

 

 

どんな質問にも笑顔で気さくに、具体的なエピソードを交えて答えてくれた橋本環奈さん。

ヒロインのチカ同様、まっすぐな眼差しが印象的でした!

 

橋本さんのメッセージにもあった通り、映画『ハルチカ』は誰もが共感できるポイントがあり、また、ささやかな心の揺れ動きや感動が、素敵なオリジナル曲とともに楽しめる作品になっています。

 

仲間との絆が多く描かれているので、卒業シーズンのこの時期にもぴったり。

鑑賞後にはほんのり幸せな気持ちになるはずです♪

 

ぜひみんなで劇場に足を運んでください♪

 

 

 

HC_TSRposter_forWEB_0912b

『ハルチカ』

3月4日(土)全国ロードショー

配給:KADOKAWA

©2017「ハルチカ」製作委員会

映画公式サイト haruchika-movie.jp