C大阪の2名がハムストリング負傷…阪本が3週間、水沼が4週間の離脱

写真拡大

 セレッソ大阪は28日、MF阪本将基とMF水沼宏太が負傷したと発表した。

 クラブによると、阪本は24日の練習中に負傷。26日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断された。全治は3週間と見込まれている。

 一方の水沼は、FC東京からC大阪に期限付き移籍で加入中。25日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第1節のジュビロ磐田戦で早速出場したが、同試合で負傷した。こちらは右ハムストリング筋損傷のため全治4週間と診断されている。