10代、20代にはパッチリしていた目も、加齢とともに少しずつ小さくなってしまうのはショックですよね。目が小さくなったりたるんだりする「目元の老化」にはちゃんと原因があります。少しでもパッチリお目目を維持するためのアイケアについてもご紹介します。

まぶたのハリが減って小さくなっちゃう

目の周りの皮膚はとても薄く、頬の半分ほどしかないといわれています。そのため乾燥しやすく刺激にも弱いのですね。また、他の部位よりも皮下脂肪が少ないため、顔の筋肉に合わせてよく動くという特徴があるのです。まばたき、表情などで常に動いている目元は、お化粧や洗顔、涙の刺激を受け続け、フワフワのタオルがゴワゴワになっていくようにハリや弾力を失くしていきます。加齢によるハリの減少も相まって、シワやたるみができやすくなってしまうのです。

頭蓋骨のゆがみと縮小からできるゴルゴ線

加齢による目の下や頬、あごのたるみ。ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインといった現れて欲しくないシワの原因は、肌の老化のほかに、頭蓋骨のゆがみや縮小も関係していることがアメリカの美容医療雑誌で発表されました。

高齢になるほど頭蓋骨が下方向へと崩れ、眼窩(がんか)という眼球の入る穴が拡大するのだそうです。そして目の周りの筋肉や皮膚はたるんでしまうため、目の下にゴルゴラインができやすくなるのだそう。特に女性は骨粗鬆症になりやすく、頭蓋骨の骨密度が減少することで頭皮がたるみ、それはまぶたのたるみやフェイスラインのたるみとなって老け顔を作るのです。

どうすれば老け顔を回避できる?

デリケートな目元のケアは、外側と内側からのアプローチが効果的。ハリや弾力を失いやすい目元のためには専用のケアが必要です。高価なアイクリームが買えなくても、十分に効果を期待できるプチプラなアイケア製品がたくさんあります。目元の保湿・栄養は続けることが大切。

ただし、こすりすぎないように優しくケアしましょう。筋肉が固まったりたるんでしまわないよう、眼輪筋を鍛えるのも効果的。目を見開いたときにおでこに横ジワができる人は眼輪筋やまぶたの筋肉が弱っています。おでこが動かないように押さえ、頬骨の上を人差し指で軽く押さえながら左右交互にウインクするエクササイズがおすすめ。

骨粗鬆症予防にはカルシウムとビタミンDが重要です。日光に当たる、軽い運動を続ける、コラーゲンの摂取も丈夫な骨を作るのには必要。アンチエイジングは一日にしてならず。少しずつを毎日続けることが一番の近道です。


writer:しゃけごはん