写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シチズン時計の女性向け高機能ファッションウオッチ「xC」(クロスシー)から、表面硬化技術「デュラテクト」の新色となる「サクラピンク」を採用した新作(CB1104-05A)が登場している。税別価格は78,000円。

同時に、ケース色がイエローゴールド、バンドがブラックのワニ革という「CB1103-08A」もラインナップに加わった。税別価格は78,000円で、カラー以外の仕様は、サクラピンク色のCB1104-05Aと同等だ。

サクラピンク色のCB1104-05Aは、世界4エリア(日本/中国/欧州/北米)の標準電波に対応し、定期的な電池交換が必要ない光発電を備える多局受信型エコ・ドライブ電波時計。ワールドタイム機能も搭載する「ハッピーフライト」シリーズだ。

サクラピンク色のxCは、2016年の「EC1144-51W」(ケース径27.8mm)が最初だが、今回のCB1104-05Aはケース径を一回り大きい36mmとした(厚さは10mm)。それでいて、ケースにチタン素材を使うことによって、時計全体の重さを33gにおさえている。

デザインのテーマは「美しい人」。強さと優しさを持ちあわせ、しなやかに生きる現代女性に似合う時計をイメージしたという。バンドはバーガンディー色のワニ革、風防は無反射コーティングのサファイアガラス、防水性能は5気圧。