バングラデシュ・ランプルの裁判所の外で、邦人男性の殺害事件で死刑を言い渡された後に警察に護送されるイスラム過激派の戦闘員(2017年2月28日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)バングラデシュ北部で2015年、日本人男性がイスラム過激派メンバーに殺害された事件で、現地の裁判所は28日、被告5人に死刑を言い渡した。

 同国北部のランプル(Rangpur)の裁判所は、イスラム過激派組織ジャマートゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ(Jamayetul Mujahideen Bangladesh、JMB)のメンバーだった被告5人が、農業に従事する星邦男(Kunio Hoshi)さん(当時66)を狙撃し殺害したとして、全員に絞首刑を言い渡した。

 事件を担当した判事は判決において、被告らが「国を不安定化させ、威信を傷つけようとする活動」の一環で星さんを殺害したと述べた。法廷には被告5人のうち4人が出廷し、周辺は厳重な警備が敷かれた。

 牧草の栽培プロジェクトに携わっていた星さんは、ランプル郊外でバイクに乗った襲撃犯の一人に銃撃され死亡した。

 近年バングラデシュでは、外国人を狙った襲撃事件が相次いでおり、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」や国際テロ組織「アルカイダ(Al-Qaeda)」がその多くについて犯行声明を出している。だが、バングラデシュ政府は事件のほとんどはJMBが主導していると主張し、国内での国際的な過激派のネットワークの存在を否定している。

 また昨年7月に日本人7人を含む人質20人が犠牲になった首都ダッカ(Dhaka)の飲食店襲撃事件についても、当局はJMBの犯行とする見解を示している。
【翻訳編集】AFPBB News