2月初旬、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内に極めて高い放射線量の場所があることが明らかになった。この情報が中国人観光客の日本訪問に多少なりとも影響を与えており、花見シーズンの日本観光を再検討するケースも出ているようだ。中国メディア・第一財経は26日、「日本人の眼中の福島事件 現時点ではインフルエンザ予防に関心」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 2月初旬、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内に極めて高い放射線量の場所があることが明らかになった。この情報が中国人観光客の日本訪問に多少なりとも影響を与えており、花見シーズンの日本観光を再検討するケースも出ているようだ。中国メディア・第一財経は26日、「日本人の眼中の福島事件 現時点ではインフルエンザ予防に関心」とする記事を掲載した。

 記事は、東京電力が同発電所2号機の格納容器内から極めて高い放射線量の場所が見つかったと発表して以降、中国政府・外交部が日本渡航に関する安全喚起情報を発表したほか、東京の中国大使館も公式サイト上で「在日中国人ならびに渡航者は適切な外出計画を立てるように」と呼びかけたことを紹介した。

 そのうえで、記者が日本に常住している友人数人に話を聞いたところ「日本人はこの件についても比較的注視しているが、決してパニックにはなっていない。放射能汚染よりも、今は今年のインフルエンザ予防に関心を寄せている」、「放射能よりもインフルエンザの方が怖い」との答えが帰ってきたことを伝えている。

 また、日本観光路線を長年担当している中国人ガイドも「放射性物質漏れの問題はあるが、大規模な漏れが起きた訳ではない。福島から離れた関西や四国、九州などの地域に行っても問題はない」と語ったとした。

 外交部や中国大使館が呼びかけを発表したことで、中国世論の中で事態を深刻に捉える傾向が強まった印象だ。しかし、自国民を守るという政府機関の立場を考えれば、全く理解できない行動ではない。日本側としては花見の「書き入れ時」に向け、日本渡航の安全性をアピールし続ける努力が必要だ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)