島崎和歌子が音楽番組のMC就任

写真拡大

4月6日(木)からBS11でスタートする音楽番組「あなたが出会った昭和の名曲」(毎週木曜夜8:00-8:54※初回と4月13日は夜7:00からの2時間SP)の記者発表会見が行われ、MCを務める島崎和歌子と番組内で中継先から生歌を披露する“ギター流し”のおかゆが出席した。

【写真を見る】会見で渡辺真知子の「かもめが翔んだ日」を熱唱したおかゆ

島崎は「MCを務めることになりました。私、アイドル歌手として…一応歌手なので(笑)、しばらくちょっと遠ざかっていたんですけど、こうやって歌と携われるということでよろしくお願いします」とあいさつした。

一方、おかゆは「平成の女ギター流し、平仮名でおかゆという名前で活動させていただいております。全国のスナックなどを日々回って“流し”をさせいただいているんですけど、昭和の名曲・昭和の音楽あふれる番組に出演させていただけるということでうれしく思っております」と率直な感想を語った。

今回の新番組の見どころについて島崎は「私、生放送が得意なので(笑)。生放送は芸能人の方々の本当の素顔が見られるんですよね。

だからこそ緊張感とか…歌となると本当の歌唱力とかすごく伝わるので楽しみですね。私も生放送で歌ったこともあるんですけど、誰も知らないと思うんですけど、本当に緊張して、いつもは完璧に歌えるのに生放送と聞いた瞬間に喉が閉ってしまって声が出なかったりとか、そういうハプニングがあるんですよね。

今回いろんな歌手の方が、いろんな大御所の方もご出演されると思うんですけど、違った一面も見られるんじゃないかなと思います」と実体験も交えてアピールした。

また番組のタイトルにちなんで島崎自身の“あなたが出会った昭和の名曲”についても質問が及んだ。

島崎は「私が子供の頃、よくテレビで流れていたのは渡辺真知子さんの『かもめが翔んだ日』('78年)。もう名曲よね〜。今でもカラオケ行くと必ず歌いますし、真知子さんの生歌を聞いたときには体中に鳥肌立つくらいパワーと。時代が変わっても変わらないなと。名曲だと思います」としみじみ語った。

するとギターを持っていたおかゆに対して、島崎から「歌って! むちゃぶりでしょ? 私が歌っても仕方ないでしょ!」との強引なリクエストが。

パワフルな歌声に会場からは割れんばかりの拍手が。島崎は「ギター持っている人って“テツandトモ”しか知らないから(笑)」とボケつつも、圧倒的な歌唱力に感激していた。

初回には森進一、美川憲一、前川清、神野美伽らの出演も決定している。大先輩との共演に島崎は「美川憲一さん、バラエティーでの共演が多いのでそういった面と、歌手の美川さん、いつもと接し方が変わりますね。バラエティーだと全然平気なんですけど(笑)。歌手の顔とバラエティーの顔と全然違うので楽しみですね」と期待を込めた。

最後に「自身も番組で歌うことはあるのか?」との質問には、島崎は「視聴者の方からリクエストがあったら考えくれますでしょ?」と目線は番組プロデューサーに向けられた。「私は生バンドじゃなくてもいいので、1コーラスでも。その辺も楽しみに」とメッセージを送った。