写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタルアーツは、企業・教育機関・官公庁向けエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER(アイフィルター)ブラウザー&クラウド」において、端末内のWeb通信をアプリによらず制御可能な「MultiAgent」と、端末内データ保存を制御できる「SecureBrowser」のラインアップに刷新し、2月28日より提供開始する。

MultiAgent for iOSは、Web通信をフィルタリングする製品。全てのアプリケーションにフィルタリングを行えるため、iOSの標準ブラウザーであるSafariにフィルタリングが設定できる。また、これまで業務アプリや学習支援アプリとの併用時にフィルタリングの抜け道となりえた、アプリ内のWeb閲覧機能も制御可能。

SecureBrowser for Windowsは、専用ブラウザーで端末内データ保存を制御する製品。企業がクラウドサービスを業務利用する際の認証情報やコンテンツの自動削除といった情報漏洩対策になるほか、文教市場においては学校で1台のタブレット端末を複数人で利用する際に、以前の利用者の情報を削除できる。

なお、今回の新ラインアップ追加で、MultiAgentとSecureBrowserの併用もできるようになり、より多くのセキュリティ対策ができるようになる。具体的には、マルウェア感染や端末利用者が危険なサイトへアクセスした際に管理者へ通知する機能を搭載しているため、管理者はこの情報を元にインシデントが生じた場合の初動対応として、外部端末を遠隔操作でネットワークから隔離できる。

(山本明日美)