写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●絵コンテのデジタル化は何をもたらすか
アニメ業界におけるペーパーレス作画をテーマにした大規模フォーラム「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム2017」(以下、ACTF2017)が2月11日に開催され、大勢のアニメ関係者で賑わった。フォーラムではアニメ制作会社によるセッションが多数開催されたほか、デジタル作画に関するツールやソフトの展示も行われた。

本稿では、イベントイントロダクションおよびデイヴィッドプロダクションによる事例を紹介する。

○地方アニメスタジオ設立が相次ぐアニメ業界

イントロダクションに登壇した進行役のワコム・轟木保弘氏は、ACTFの活動理念について、「アニメ制作に関わるデジタル技術の情報交換および情報提供をする組織」と説明。3回目となる今回のACTF2017では、全国5カ所でサテライトビューイングにより中継された。その目的について、「地方の制作スタジオ設立が相次いでいることもあり、人材リソースの活用が課題になっている。地元の教育機関との連携も重要であり、情報格差を生むことがないようサテライトビューイングを行うことにした」と述べた。

○絵コンテのデジタル化は何をもたらすか

イントロダクションに引き続き、デイヴィッドプロダクションによるセッション「デジタルツールによる絵コンテ制作の効果と課題」が行われた。同社からは津田尚克氏(ディレクター)、笠間寿高氏(ラインプロデューサー)が登壇した。

デイヴィッドプロダクションは2007年に設立された制作会社で、これまでにアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズや『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜』、『妖狐X 僕SS』などを手がけてきた。登壇した二人も、『ジョジョの奇妙な冒険』に携わっているクリエイターである。

今回、二人が語ったのは、主に絵コンテと呼ばれる作業工程のデジタル化について。絵コンテとはアニメの設計図ともいえるもので、アニメの流れが連続するコマでラフに描かれている。これまでは紙が主流だった絵コンテをデジタル化することで、何が起きるのか。

実際に絵コンテをデジタルに切り替えた笠間氏は、「書き込む文字が活字になることで読める字になるのが大きかったですね(笑)」と冗談めかして語った。しかし、これはあながちただの冗談というわけでもないらしい。

もちろん、デジタル化のメリットは文字が活字になることだけではない。「紙で書いた方が簡単じゃないのかと、手練のアニメーターほどそう言うのですが、絵が描ける人間だけではありません。デジタルだとリフレーム(フレームの調整)が楽にできたり、拡大縮小やコピペができたりと、描けない人間が作業する上でのツールになるのです」と語る。

中でも最大のメリットは、タイムライン制御ができることだという。タイムライン制御とは、時間軸にカットをのせて連続して動かすこと。紙に書くとパラパラめくる「ページ」になるが、デジタルの場合はタイムラインなので、全カットが横にずらりと並ぶことになる。これにより、集中力が途切れないという効果があるのだ。また、タイムラインは再生することもできるので、プレビューしながら絵コンテを描けるというのも大きなメリットである。

●米国では、誰も紙を使っていなかった
○米国では、誰も紙を使っていなかった

そもそもデイヴィッドプロダクションがデジタル化にかじを切ったのは何がきっかけだったのか。 「3年半前、アメリカのアニメスタジオを見に行ったとき、誰も紙を使っていなくて衝撃を受けたんです。対照的な日本のガラパゴスっぷりを間近で見て悔しくなって、俺も(デジタルツールを)使ってやるぞ、と」

デジタル絵コンテには課題もある。たとえば、デイヴィッドプロダクションでは「StoryBoard Pro」という絵コンテ専用の海外ソフトを使っているが、業界スタンダードといえるソフトはまだないのだという。さらに、トライアンドエラーが簡単にできるためいつまでも描き続けられてしまい、結果的に時間がかかってしまうこともあるそうだ。

また、タイムラインにカットをどんどん上げて差し替えていく「SHOTGUN」のような制作管理ツールとの連携が理想的だが、紙で原画を描いている場合はそれが難しいため、絵コンテをデジタル化するメリットが感じにくいともいう。

○「プレゼン資料」としての価値もあるデジタル絵コンテ

ただ、課題があってもデジタル絵コンテは有用だと二人は声をそろえる。

「クライアントが常に絵コンテを読めるわけではないです。また、プレビューができると簡易的にムービーコンテが作れるので、プレゼン資料としての価値も出るのです」

「(絵コンテに)音がつけられるのも便利です。音楽物のコンテンツが今広がっていて、ダンスシーンやコンサートシーンと音楽をリンクする場合、デジタル絵コンテならソフト内で実現できます」

劇場版など時間をかけられるタイトルなら手書きで作り込むこともできるが、TVアニメシリーズは時間との勝負になるため、ムービーコンテにできる方がやりやすいのだという。

ちなみに大ヒット作の『君の名は。』は劇場アニメだが、StoryBoard Proで絵コンテが作られているとのことだ。

○日本の絵コンテフォーマットもカバーするStoryBoard Pro

ここからは実際にStoryBoard Proを使って、『ジョジョの奇妙な冒険』の絵コンテを描くデモンストレーションが行われた。

StoryBoard Proはもともと海外製のソフトだが、日本の絵コンテのフォーマットにも対応しており、PDFで出力することもできる。ただ、カットによってはト書きが消えてしまうなど、まだ完全に対応できていない部分がある。津田氏は空コマを入れるなどして対処しているが、ここは今後改善が期待されるところと言えるだろう。

一方で、影を簡単につけてカットに厚みを持たせられたり、部分指定で拡大縮小が容易にできたりと、様々なメリットがあることも実演で証明された。

○デジタル絵コンテのメリット・デメリットを総括

最後に笠間氏と津田氏が語った、デジタル絵コンテのメリットとデメリットをまとめておこう。

まずディレクターの立場としては、「ト書きやセリフをコピペ可能」「尺の自動計算」「カットの入れ替えが一動作でできる」「画のフレーミング調整が簡単」「音データを置きながら作業できる」といったメリットがあり、反対にデメリットは「人によってツールが違う」「ツールが高額で個人では手を出しにくい」「トライ&エラーが容易なので紙で描くより時間がかかる場合がある」といったものがある。

一方でプロデューサーの立場としては、「簡易的にアニマティクスが作れるため、絵コンテを読む習慣のないクライアントへ提案しやすい」「プレスコ作品のハードルが下がる」「音楽PVやOP/EDなど音楽と連動した作品が作りやすくなる」というメリットがあり、デメリットには「TV作品としては(ソフトの機能が)オーバースペックで使いこなせない」「導入コストが高い」「紙で描くより時間がかかる」などが挙げられていた。

デモンストレーション終了後には質疑応答の時間が設けられ、全国のサテライトビューイング会場を含めたくさんの質問が寄せられていた。

絵コンテのデジタル化が普及するのはまだまだこれからといった印象だが、そのメリットがしっかりと周知されれば、案外早く潮目が変わるのかもしれないと思わせられたセッションだった。

(山田井ユウキ)