読み切りの天才・内水融が放つパニックホラー『マシラ』、チャンピオンクロスで新連載

写真拡大 (全2枚)

 『アスクレピオス』『カイン』『アグリッパ-AGRIPPA-』などで少年誌をメインに活動し、読み切りの天才として名高い実力派漫画家・内水融さんの新作『マシラ』が秋田書店のWeb漫画サイト・チャンピオンクロスにて2月28日から連載開始します。

【関連:ルポ漫画家・カメントツ新連載『ぼくは、せんそうをしらない』】

 『マシラ』は内水さんが手がける初のパニックホラー。かつて動物の言葉が理解できた主人公の鳥狩庵(いおり)が12年ぶりに故郷である磨白村を訪れる途中、出会った女性から「長居しないほうがいい」と忠告されたにも関わらず無視した結果とんでもない出来事に巻き込まれてしまうというストーリー。

 さらに新連載を記念して、同サイトにて同日より内水さんの過去の読み切り作品を期間限定で掲載します。集英社・週刊少年ジャンプに掲載された『FOREST』を2月28日より、『アスクレピオス』を3月7日より、ミラクルジャンプ創刊号に掲載されカルト的な人気を誇った「豺狼 -ヤマイヌ-」は3月14日ホワイトデーに公開されます。

(C)内水融(チャンピオンクロス)

(大路実歩子)