漫画「キャプテン翼」が舞台化、六本木で公演 - 最新VRテクノロジーを駆使し神技連発シーンを再現

写真拡大

漫画『キャプテン翼』が舞台化。2017年8月18日(金)から9月3日(日)まで、東京・Zepp ブルーシアター六本木にて公演される。

連載開始から30年以上を経た今も多くのファンに愛されるサッカー漫画『キャプテン翼』。最新VRテクノロジーを駆使した舞台では、ダンスや武芸、デジタルイリュージョンなどによって作中に登場するお馴染みの神技連発シーンを再現。五感で楽しめるダイナミックな舞台が披露される。

舞台版完全オリジナルとなるストーリーでは、翼率いる全日本チームが、世界中のU20の選手たちを集結させたRED STORMという強敵と立ち向かう。RED STORMには、過去に翼が戦ったキャラクターたちも含まれており、馴染みのキャラクターたちが紡ぐ新たなストーリーを楽しむことができる。

本舞台のもう一つの目玉は、シュートを受けた衝撃やキックの感触などをリアルに体感できる87席の「体感シート」が設置されることだ。ソニー(Sony)が開発する最先端インタラクションテクノロジーを舞台と融合させた世界初の試みとなる。さらに、演劇空間に香りを導入したフレグランス演出も行われ、まさに五感で物語の情景を感じることができそうだ。

総合演出は、演出家・ダンスパフォーマーなどとして活躍するEBIKEN(蛯名健一)が担当。また、脚本・演出アドバイザーとして、世界的ダンスパフォーマンスグループのenraのメンバー、加世田剛が参加している。主人公の大空翼を演じるのは元木聖也、そのほかのキャストには、中村龍介、松井勇歩らが決定している。

【詳細】
超体感ステージ「キャプテン翼」
公演期間:2017年8月18日(金)〜9月3日(日) 23回公演予定。
公演時間:13:00〜/14:00〜/17:30〜/19:00〜 ※公演日によって公演時間が異なる。
会場:Zepp ブルーシアター六本木
住所:東京都港区六本木5丁目11-12
チケット(発売中):
・プレミアム体感シート 12,800円/プレミアム席 10,800円/一般席 7,800円
・ファミリー席 大人1枚と子ども1枚のセット 10,800円(税込)/大人2枚と子ども1枚のセット 21,600円(税込) ※ファミリー席はプレミアム席と同じエリア。子どもは小中学生が対象。
チケット取扱い:ブルーシアターチケット、イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット
※チケット、座席についての注意事項があるため公式HPを参照。
公式HP:http://captain-tsubasa-stage.com/
総合演出:EBIKEN(蛯名健一)
脚本:加世田剛
振付:松永一哉
キャスト:大空翼/元木聖也、若林源三/中村龍介、日向小次郎/松井勇歩、岬太郎/鐘ヶ江洸、三杉淳/鷲尾修斗、若島津健/渡辺和貴 ほか

©高橋陽一/集英社
©超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会


[写真付きで読む]漫画「キャプテン翼」が舞台化、六本木で公演 - 最新VRテクノロジーを駆使し神技連発シーンを再現

外部サイト

  • 六本木アートナイト 2017 開催決定 - メインは蜷川実花、”東南アジアの祭り”にもフォーカス
  • パックマン柄のワンピースやバッグが登場、銀座三越でパックマンのイベント開催
  • “北欧ガラスの革命児”エリック・ホグランの展示会が新丸ビルで開催 - 食器や花瓶などを販売