EXO元メンバールハン、新曲で過激ファンを非難?「僕に関わるな」

写真拡大

グループEXO出身で、現在中国で活動しているルハンが新曲の歌詞で私生ファン(サセンペン:芸能人の私生活まで追いかけるファン) を非難した。

28日、中国のポータルサイトSina.comによると、ルハンは自身の新曲「Role Play」の作詞に参加した。デビュー以来ずっと私生ファンに苦しめられてきたルハンは、新曲の歌詞に私生ファンを非難する内容を盛り込んだ。

長さ2分43秒のこの歌でルハンは、多少興奮した話しぶりで歌詞を書いた。「どこに行っても密かに見つめる視線に、ヘルメットをかぶらなければならない。僕に関わるな」「昼夜構わずに僕を追う。君は狂っている」「僕の人生に無断で侵入する」「うちの地下駐車場に二度と来るな、また僕らに発見されたら許さない。口から出ている言葉に真実がない。またこんなことをしたら、口を閉ざしてしまう」など、攻撃的な内容の歌詞が、私生ファンに対するルハンの怒りをそのまま示している。

ルハンはSNSで、そして行動で何度も私生ファンに警告した。車から降りて私生ファンが乗った車のドライバーを叱ったり、私生ファンが乗った車を撮った写真をSNSに掲載したりもした。しかし私生ファンのストーキングは改善されず、あげくの果てにルハンが歌の歌詞を通じて私生ファンを非難することに至った。

ルハンは2014年にEXOを離れ、中国で俳優兼歌手として活動している。