28日、捜狐体育はこのほど閉幕した札幌冬季アジア大会での「3大汚点」を指摘する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年2月28日、捜狐体育はこのほど閉幕した札幌冬季アジア大会での「3大汚点」を指摘する記事を掲載した。

札幌で行われた冬季アジア大会では、開催国の日本が金27個、銀21個、銅26個を獲得し、メダル総数で1位となった。以下は韓国、中国の順だった。記事は「今大会で中国代表団は日本と韓国を越えることはできなかった。原因は自分自身にあるものもあれば、相手の腹黒い手段によるものもあった」と総括し、今大会で起きた三つの問題について指摘している。

第1位にはフィギュアスケート男子で日本の宇野昌磨が逆転優勝したことを挙げている。宇野はショートプログラム(SP)で2位だったが、フリーでは1位の188.84点を獲得。合計281.27点で、SP1位の中国の金博洋(ジン・ボーヤン)を逆転して優勝した。しかし、宇野はジャンプで2度転倒するなど、会心とは言い難い演技だった。記事は「中国の金博洋は、審判の公平な採点を受けることができずに金メダルを逃した」と伝え、中国のみならず日本のネットユーザーからも「採点がおかしい」「どう見ても金博洋が金メダル」といった疑問の声が挙がっていることを紹介している。

第2位には、ショートトラック女子500メートル決勝で、中国の範可新(ファン・カーシン)が韓国のシム・ソクヒに「妨害された」(中国メディア)ことを挙げた。最後の1周までトップだった範に対して、シムがインコースから抜こうとした際に接触。この時、範はシムの足に手をかけたとして韓国では大バッシングが起きた。結局、両選手は共に反則があったとして失格処分となった。

そして、第3位には、スピードスケート女子1500メートルで銅メダルを獲得した中国の張虹(ジャン・ホン)が日本のメディアから「からかわれた」(中国メディア)ことを挙げている。張虹は2分0秒14で5位だったが、1〜4位がすべて日本人選手だったため、「1カ国・地域の選手は2人までしかメダルを獲得できない」という規定によって銅メダルを獲得。しかし、レース後には日本の記者からこのルールに関して執拗(しつよう)に質問されたという。(翻訳・編集/北田)