写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マスタードシードはこのほど、AMDの最新CPU「RYZEN 7」シリーズに対応するAMD X370チップセット搭載のASRock製マザーボード3モデルを発表した。「RYZEN 7」シリーズと同じ3月3日の発売を予定する。

「RYZEN 7」シリーズは、AMDが3月3日(日本時間)に発売する新CPU。ZENアーキテクチャをベースとして、従来のExcavatorコア比でIPCを52%向上させたほか、SMT(Simultaneous Multithreading)の実装、分岐予測性能の改良により、パフォーマンスを大幅に高めた。

○Fatal1ty X370 Professional Gaming

ゲーミングマザーボードの最上位モデル。電源回路にIR製のデジタルコントローラを採用するほか、5Gbitに対応したLANポートやCreative SoundBlaster Cinema 3などを搭載する。また、イルミネーション機能「AURA RGB LED」をサポートする。店頭予想価格は税別33,980円前後。

○Fatal1ty X370 Gaming K4

ミドルレンジのゲーミングマザーボード。Fatal1ty X370 Professional Gamingと同じく、Creative SoundBlaster Cinema 3やAURA RGB LED、金属で補強したPCI Express x16スロット「スチールスロット」を搭載する。店頭予想価格は税別19,480円前後。

○X370 Taichi

高い汎用性とコストパフォーマンスを備えた「Taichi」シリーズの製品。有線LANや無線LANに加えて、M.2スロット、オーディオ機能「Purity Sound 4」といった機能を搭載する。店頭予想価格は税別29,480円前後。