50歳の誕生日と重なったJ2開幕戦に先発出場した横浜FCのFW三浦知良【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

開幕戦が50歳の誕生日という巡り合せ

 日本サッカー界の歴史に、未来永劫に語り継がれる1ページが刻まれた。26日のJ2開幕戦。この日50回目の誕生日を迎えた横浜FCのFW三浦知良は、松本山雅FC戦で先発出場を果たし、史上初となる「50歳のJリーガー」になった。観戦に訪れた初代チェアマンの川淵三郎・日本サッカー協会最高顧問、横浜FCの中田仁司監督、そして決勝点をあげた25歳のMF野村直輝の言葉を通して、伝説を刻み続けるキング・カズの真実と50歳にして現役でプレーする価値を追った。(取材・文・藤江直人)

----------

 不惑を迎えてからのカズがプレーしている試合を見た記憶が、Jリーグの初代チェアマン・川淵三郎氏にはない。それでも、今シーズンの開幕戦のカードおよび日程が決まったときから、2月26日だけはニッパツ三ツ沢球技場に足を運ぼうと決めていた。

「クラブに迷惑をかけたらいけないと思って、チケットを買って入ろうと思ったら売り切れなんだよね」

 チケットは前売り段階で完売していた。対戦相手の松本山雅FCのファンやサポーターが長野県松本市からバス37台、約6000人も駆けつけたことも、三ツ沢における横浜FCの主催試合では最多となる1万3244人でスタンドが埋め尽くされた理由のひとつとなる。

 そして、もうひとつの理由として、希代のスーパースターが引き寄せた「偶然」を挙げないわけにはいかないだろう。開幕戦が誕生日。それも50回目のそれとなれば、おそらくは語り継がれていくアニバーサリーとなる。

 出場するたびにJリーグの最年長出場記録を更新するようになって久しいカズが、50歳のJリーガーとして歴史に名前を刻む。10年以上の空白期間を越えて、それでも川淵氏をして「カズを見たい」と思わせたように、老若男女や世代を超えた大勢のファンやサポーターが引き寄せられた。

 忘れもしない1993年5月15日。いまは取り壊されてしまった旧国立競技場で、川淵チェアマンの開会宣言に続いてJリーグがスタートした。カードはヴェルディ川崎と横浜マリノス。25年目を迎えたいま、ともに東京ヴェルディと横浜F・マリノスにチーム名称を変え、前者はJ2を戦っている。

 時間の経過を感じさせられるなかで、夫人のりさ子さん特製のエルメスのキャプテンマークを左腕に巻いて、当時のスター軍団だったヴェルディをけん引していたカズの先発がアナウンスされる。横浜FCだけでなく、松本山雅のファンやサポーターたちもいっせいに惜しみない拍手を送った。

 1993シーズンからJの舞台でプレーしている選手は、あとはMF伊東輝悦(アスルクラロ沼津)しかいない。もっとも、静岡・東海大第一高校から清水エスパルスに加入したルーキーの伊東と異なり、当時26歳のカズは日本代表のエースも担い、訪れようとしている新たな時代の寵児でもあった。

「考えてみれば、感慨ひとしおどころじゃないよな。あのときに若手の端くれのような感じで出ていたわけではないんだからね」

カズの記録を他の選手が抜くのは「どう考えても無理だな」(川淵三郎)

 実際にキックオフの笛が鳴り響くと、川淵氏はさらに胸を打たれた。ポジションはもちろんフォワード。モロッコ出身で、現在はノルウェー国籍をもつ190センチ、88キロの巨漢ストライカーで、昨シーズンのチーム得点王・イバとのコンビでゴールを狙い続けるだけではなかった。

 後ろの選手たちからの指示に連動して、松本山雅のボランチ、岩間雄大とパウリーニョに何度もプレッシャーをかけてパスコースを遮断。それでもピンチを招くと自陣の深いところにまで戻って守備で体を張り、マイボールになるや懸命にスプリントをかけてカウンターに参加する。

 放ったシュートは後半12分の1本だけに終わった。ペナルティーエリアのやや外側、ゴール正面でパスを受けて右足をすくいあげるように振り抜く。おそらくはループ気味の一撃を狙ったのか。やや当たり損ねのシュートは、松本山雅のGK鈴木智幸に難なくキャッチされた。

 ちょっとした力みもあったのか。直後のカズは思わず苦笑いを浮かべながら、松本山雅の攻撃に備えてポジションを整えている。川淵氏が思わず胸を躍らせたシーンでもあった。

「開幕戦が誕生日という、カズがもっているそういう巡り合わせを考えたら、今日はゴールするんじゃないかと思っていたくらいだからね。一回だけチャンスがあったけど、ちょっと状況がよすぎて、慌てちゃった感じがあったけど、まあぜいたくを言っちゃいかんよね。

 とにかく50歳って、どんな感じでプレーするのかと思っていたけど。前にだけ立っていればいいのに、やっぱり手を抜いちゃいかんということだ。(カズの記録を他の選手が抜くことは)どう考えてもちょっと無理だな。これだけストイックに自分の体を維持して、試合に出るのは本当に難しいことだからね」

「僕はチームのなかの駒の一人として見ています」(中田仁司監督)

 後半20分にFW津田知宏との交代でベンチに下がったカズは試合後、攻撃面のコンビネーションがまだまだ未熟な点を反省材料にあげながら、守備面では昨シーズン3位の強敵・松本山雅を1‐0で撃破する勝利に貢献できたと表情をほころばせた。

「松本相手にそれほど多くのチャンスは訪れないと思っていたし、まずは自分たちが一体となって守備をすること、フォワードであれ前からのディフェンスで後ろを助けなければいけないと思ってキャンプからずっと取り組んできましたし、そのなかでの連動を心がけてプレーしました。

 特に攻撃に関しては出来は物足りなさもありますけど、チームが勝利して、自分も65分まで出たなかでチームがひとつの形を維持できたので、その意味ではよかったと思います。ただ、まだまだ自分自身も足りないことが多いし、フォワードとしてゴールという結果を出さなきゃいけないと思っています」

 自らの言葉を介して強調したフォア・ザ・チームの精神、50歳になっても変わることのない献身的な姿勢こそが、中田仁司監督をしてスタメンにカズの名前を書き込ませる理由でもある。

「カズがレジェンドあることは確かですけど、一方でプロ中のプロでもあるからこそ、僕はチームのなかの駒の一人として見ています。だって、若い選手たちがカズを抜けないんですから。若い選手が勝っているのは、肌の艶のよさだけかな。若手は何をやっているんだ、となりますよね。

 ただ、皆さんもおわかりのように50歳ですから、リーグ戦で全42試合、すべてでスタメンとして出られるかと言ったらそれは無理です。なので、カズのコンディションがいい時期に、その力を発揮できるような使い方をする。僕が監督を引き受けてからは、ずっとそういう方針を貫いてきました」

指揮官が評価するFWとしての成績

 たとえば昨シーズンのカズを振り返れば、20試合に出場して2ゴールという成績を残している。先発した9試合では66分間が最長と、ゴール数だけでなくプレー時間も、イバ、津田、大久保哲哉を含めたフォワード陣のなかでは最も少なかった。

 それでも中田監督はトータルのプレー時間が639分、換算すれば約7試合で2ゴールをあげたカズの攻撃面での内容も高く評価している。

「カズがもっているストライカーの能力は、そこにあるわけですよね。他のチームからは『あの監督、大丈夫かな』と思われているかもしれませんけど、監督としては使いますよ。確率がいいわけですから。結果を出しているわけですから。ウチの他の選手たちも、仲間として一緒に戦っているわけですから」

 カズは練習開始時刻の2時間前には、横浜市内にあるクラブハウスに到着。ストレッチなど入念な準備をほどこしたうえで、他の選手たちと同じ練習メニューを消化する。終了後も長いときで5時間ほどクラブハウスに残り、室内でできるトレーニングを黙々とこなし、体のケアにも十分な時間を割く。

「サッカーが好きだ、ということに尽きると思う。子どものころからサッカーしか知らないし、だからこそサッカーには感謝している。サッカーに対して失礼のないように常に全力を尽くしたいし、体と情熱が続く限りはやりたい」

 いっさいの妥協を許さない、ストイックで真摯な姿勢を貫く理由を、カズはこう語る。チーム内にはカズの姿に魅せられ、意識をあらためる選手もいれば、中田監督をして「あの人はあの人でしょうと、別枠みたいな見方をするのも当然いる」と言わしめる選手もいる。

 ただ、たいていの場合、後者の選手は淘汰されていくという。今シーズンから副キャプテンを務める入団4年目のMF野村直輝はカズに感銘を受け、サッカーに注ぐ思いを根本から変えた一人だ。

 1991年4月生まれだから、まもなく26歳になる。年齢的にはカズの約半分。カズが涙した1993年10月の「ドーハの悲劇」と言われてもピンとこないと苦笑いする世代であり、福岡県に本拠地を置く日本経済大学時代は、サッカーとの距離がそこまで近くはなかった。

「実を言うと大学のときは練習にも開始ぎりぎりで行って、終わったらパッと帰ってしまうような感じの選手でした。いまではできる限り早くクラブハウスに到着して、準備するようにしています。カズさんと同じくらいの到着を目指している感じですね。

 カズさんに対して、『もっている』といった言い方をするのは失礼かなと。練習前の準備を含めて、サッカーに対する姿勢があってこその結果、努力の結晶なので。横浜FCに入ってカズさんと出会えたことほど、僕のサッカー人生で大きなことはないと思っています」

「勝つために僕もやっているわけですからね」(中田仁司監督)

 野村にとって忘れられない一戦がある。昨年6月19日。ホームにFC岐阜を迎えたJ2第19節。直前に第一子となる長男が生まれていた野村に対して、ともに先発に名前を連ねていたカズは「ゴールしたらみんなで『ゆりかごダンス』だ」と告げていた。

 もっとも、迎えた前半22分に先制ゴールを決めたのはカズ本人だった。しかも、昨シーズンの初ゴールだったこともあって、興奮してしまったのか。チームの誰かがゴールしたら「ゆりかごダンス」を、という約束をすっかり忘れてしまっていた。

「いつものカズダンスを踊って、僕たちも後ろでイェー!みたいに騒いでいたんですけど、そのまま終わりそうな感じになったので、他の選手が『ゆりかご、ゆりかご』と。息子のためにカズさんを含めたみんなで踊れたことは、一生の思い出です。息子が大きくなったら言ってあげたいですね。

 カズさんは僕たち選手のお手本であり、鏡でもある。そして、日本中でサッカーをしている人の憧れでもある。50歳になるまでピッチに立ち続けるなんて普通じゃないし、他のチームの選手からも『カズさんってどうなの』とよく聞かれます。驚くだけじゃなくて、僕たちもカズさんを目指していかないといけない」

 開幕戦の開始16分。ペナルティーエリアの外側から思い切り右足を振り抜き、ネットを揺らす値千金の決勝ゴールを奪ったのは野村だった。崇高で、それでいて無邪気な一面を忘れないカズの一挙手一投足が、存在そのものがチームを変えつつあると中田監督も目を細める。

「横浜FCというクラブの力が、カズをバックアップしている部分は正直、あります。それでも、何て言ったらいいのかな、カズがかわいそうだからそこ(ピッチ)にいるわけではない。毎日のコンディションを見ながら戦いに挑み、勝つために僕もやっているわけですからね」

日本中を興奮させた「2017年2月26日」も通過点

 中田監督は強化育成テクニカルダイレクターとして2015シーズンに横浜FC入りし、体調不良で辞任と再登板を繰り返したスロベニア人のミロシュ・ルス前監督から昨年6月にバトンを引き継いだ。強化の現場のそれぞれ最高責任者として、カズを見てきたことになる。

「強化の立場で言えば、シーズンを通してチームのためにどのような形で貢献できるのかを見てきました。僕はスターだから、という部分がいっさいないし、逆に周りの選手以上の努力を積んで試合に臨んでいますから、僕としては『現役を続けられるのならば頑張りなさい』という形で見ていました。

 カズ自身が『グラウンドで死にたい』と言っているのだから、それでいいじゃないですか。これだけJクラブの数が増えたなかで、そういうレジェンドが一人いても。ウチの練習場に来てもらえばわかりますよ。ランニングでも先頭に立って走っていますからね」

 川淵氏によれば、カズは「90分間ピッチに立てる前提で選手を続けたい」と、20代のころと変わらないスタンスを貫いているという。スプリント力を含めて、体力面で真っ向勝負をしたらもちろんかなわないことは、カズ自身が誰よりも理解している。

「技術とかグラウンドに立ったときの駆け引きとか、経験で補えるものはありますし、どれだけゴールに貪欲になれるかという部分で、ゴールに対しての伸びしろはあるんじゃないかと思っています。ゴールに対する気持ちを高めていけば、ゴールすることに関する伸びしろはまだあるんじゃないかと。

 本当に先のことはあまり考えられなくて、明日また練習を一生懸命やって、そのために準備をする。毎日毎日その積み重ねしかないので。だから目標とか、特別大きなものはないんですけど、目の前にある試合に出て、ゴールして、1秒でも長くピッチに立っていたい。それが目標です」

 日本中を興奮させた「2017年2月26日」も、カズにとっては通過点。いつかは誰にでも訪れる現役との別れを、なるべく近づけないように不断の努力を重ねていく――。50歳になったレジェンドの真実は、この姿勢に凝縮されている。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人