gugudan、タイトル曲「私みたいな子」MV公開…“私みたいな子、どう?”

写真拡大

gugudanが新曲「私みたいな子(A Girl Like Me)」を公開し、華やかにカムバックした。

gugudanは27日午後6時、各種音楽配信サイトを通じて2ndミニアルバム「ナルシス(Act.2 Narcissus)」の全曲と、公式SNSを通じてタイトル曲「私みたいな子」ミュージックビデオのフルバージョンを公開した。gugudanは新曲公開直後、各種ポータルサイトのキーワードランキングを席巻し、次世代ガールズグループらしい一面をアピールした。カムバックタイトル曲「私みたいな子」は、gugudanのハツラツとして堂々とした魅力を活かした曲だという好評が相次ぎ、今後カムバック活動に対する期待を高めている。

gugudanの新曲「私みたいな子」は、楽しいビートのバブルガムシンセポップジャンルで、恋に落ちた少女が自身の魅力を積極的にアピールし、気持ちを堂々と告白する内容を盛り込んでいる。ハツラツとしたメロディに「私、私、私みたいな子、どう? うん?」と繰り返される歌詞は、無限に繰り返して再生したくなる、中毒性の強い曲でリスナーたちの耳を捉えている。

公開されたミュージックビデオで、gugudanは色とりどりの魅力をアピールしている。9人9色の魅力が際立つ個別セットシーンでは、メンバー別の個性と華やかなビジュアルが際立つコンセプトで撮影され、大きい黒板を背景にしたキュートで愛らしい姿が強調されており、目をひく。

gugudanは楽曲の公開と同時に、主要ポータルサイトのリアルタイムキーワード1位にランクインし、タイトル曲「私みたいな子」は多数の音楽配信サイトのリアルタイムチャートの上位にランクインした。また、ミュージックビデオの短時間で高いクリック数を達成するなど、人々から爆発的な関心を受けた。

タイトル曲「私みたいな子」のほかにも、完成度の高い収録曲も反応が熱い。gugudanの様々な魅力を表現した曲「RAINBOW」は、感覚的で愛らしい歌詞をハツラツとしたアップテンポに盛り込み、VIXXのラビが手がけた曲「Hate You」は自身に疎かで鈍くなった彼氏に寂しい気持ちを打ち明ける曲で、洗練されたメロディが調和をなす。

グルーヴィーなリズムが印象的なソフトR&Bスタイルの曲「One Step Closer」は、叙情的なメロディラインと温かく気楽な音色を感じることのできるトラックであり、「Make A Wish」は友達に片想いをすることになった心を現実的に描いた歌詞が印象的な曲で、一層成熟したgugudanの感性を感じることができる。

新曲のタイトル曲「私みたいな子」の公開直後、売れっ子アイドルとしてブームを巻き起こしているgugudanは28日、アルバム「ナルシス」を発売し、ソウル広津(クァンジン) 区YES24ライブホールでカムバックステージを披露する。