写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は27日、ソーラーフロンティアとの共同研究を通して、CIS系薄膜太陽電池サブモジュール(30cm角)において、世界最高となる変換効率19.2%を達成したと発表した。

このたび、世界最高の変換効率19.2%という成果は、2012年2月にソーラーフロンティアが薄膜系太陽電池サブモジュールで達成した世界最高記録17.8%を1.4ポイントも更新するものであり、すべての薄膜系太陽電池サブモジュールと比較しても世界最高記録だという。

この成果は、光吸収層における製膜プロセスの改良による品質改善やバッファ層の変更等の技術により達成されたもので、同機構が掲げる発電コスト目標(2020年に14円/kWh、2030年に7円/kWh)の実現に向けて大きく前進するものだとしている。併せて、7cm×5cmサイズのCIS系薄膜太陽電池においても、世界最高変換効率19.8%を達成したということだ。

また、NEDOとソーラーフロンティアは今後、NEDOが掲げる発電コスト目標の実現に向け、高効率と高信頼性を兼ね備えた太陽電池の低コスト化技術開発に取り組むという。また、ソーラーフロンティアは、今回の成果に用いた新技術の一部を適用して性能を大幅に向上させた製品を、今夏から量産開始する予定となっている。

(早川厚志)