「P-MODEL」Vo.&Gt.として知られる平沢進

写真拡大

 三島由紀夫の異色SF小説を吉田大八監督が映画化する「美しい星」の劇中歌に、1980年代の音楽シーンを代表するアーティスト・平沢進の名曲「金星」が決定した。

 三島が1962年に発表したSF小説を、「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田監督が大胆にアレンジ。物語の舞台を現代に置き換え、平凡な家族が突如として「宇宙人」に覚醒する姿を描く。火星人として目覚める父・大杉重一郎をリリー・フランキー、水星人の長男・一雄を亀梨和也、金星人の長女・暁子を橋本愛、一家で唯一地球人のままの母・伊余子を中嶋朋子、大杉家に近づく謎の代議士秘書・黒木を佐々木蔵之介が演じる。

 79年にデビューしたテクノポップバンド「P-MODEL」でボーカル&ギターとして活躍した平沢。89年にソロ活動を開始し、2000年以降は今敏監督作(「千年女優」「パプリカ」「妄想代理人」)やテレビアニメ「剣風伝奇ベルセルク」の音楽を手がけるなど、アニメ作品でも手腕を振るってきた。

 ソロ転向後に発表した「金星」は、繊細な歌詞と異国情緒あふれるメロディが特徴の楽曲。本作ではストリートミュージシャン・竹宮薫(若葉竜也)とイズミ(樋井明日香)によるデュオの持ち歌という設定で使用され、暁子(橋本)が竹宮に激しく惹かれるきっかけとなる。劇中では若葉と樋井が歌と演奏を担当したため、平沢は「自分が演奏し、歌った楽曲がスクリーンから流れてくるのを聞くのは慣れています。が、今回のような経験は初めてです」と告白。「まるで知らない国で迷子になり、自分の庭に埋めたはずの種が知らない民家の窓辺で花咲いているのを目撃したような感じです」と率直な思いを語った。

 一方、平沢のファンだという吉田監督は「平沢進さんは、僕が高校生の頃からずっと聞いてきて、ものすごく影響を受けたミュージシャンです。だから金星人の暁子が竹宮と出会うきっかけを歌と決めた瞬間、その歌は平沢さんの名曲『金星』以外にありえない! と興奮しました。大好きな曲がズバリのタイトルなんだから、それは当然そうなりますよね(笑)」と起用理由を明かしている。

 また橋本は、「最初にシナリオを読ませていただいた時に『金星』は監督がオリジナルで書いた曲だと思って、よくこんな絶妙な歌詞を書けるなあと思っていたら既存の楽曲で、それから平沢さんのオリジナルを聞いて、すごくはまりました」と、本楽曲がすっかりお気に入りの様子。平沢に代わってボーカルを務めた若葉は「相当なプレッシャーでした。平沢さんの歌う金星を何度も何度も聞き込んで、歌詞とメロディーはもちろん、ブレスのタイミング、歌詞の強弱も頭に叩き込んだ上で、竹宮として平然と、そしてサラッと歌いきりました」と振り返った。

 「美しい星」は、5月26日から全国公開。