身のまわりにも多い「トランプさん」(イラスト/アフロ)

写真拡大

 就任後すぐにTPP離脱と難民の受け入れ停止を宣言。イスラム教徒が多数を占める国からの渡航者を拒否する大統領令にも署名し、世界中に大きな衝撃を与えたアメリカのトランプ大統領。その矛先は日本にも向けられ、“日本車叩き”などに振り回されている。

 近著に『他人を平気で振り回す迷惑な人たち』(SB新書)がある、精神科医の片田珠美さんは、トランプ氏を「自己愛性人格障害と演技性人格障害を併せ持つ人物だ」と指摘する。

「自己愛性人格障害の人は、尊大で傲慢な態度を貫き、承認欲求が非常に強い。人並み以上に努力してのしあがった人に多く、自分は何でもできるという万能感に浸っています。それゆえ自分に対する批判や非難は徹底的に拒否して、批判的な人には攻撃姿勢をとります。自分自身の言動がどういう影響を与えるのかという想像力も、他人への共感も欠如しているので、一層過激になります」(片田さん・以下「」内同)

 もはや思い当たる節が多すぎて、どの事例をあげようかと悩むほどだが――例えば米国のファッションデザイナー、トム・フォードが、かつてメラニア・トランプ夫人が、「ぼくの服を着たいと頼んできた。でも断ったんだ」とコメントしていたことに対して、トランプ氏はどう言ったか。彼は大統領就任式直前のインタビューでこう猛反撃した。

「メラニアがトムに頼んだことは一度もない。彼のことも嫌いだし、彼のデザインも嫌いだ。好きだったことは一度もない」

 就任直前の記者会見の席では、特定のメディアの記者に「あなたの会社はひどい。質問させない。あなたのところはフェイクニュースだ」などと叫び質問をシャットアウトした。

「過激な発言や芝居がかった態度で注目を浴びたがるのは、演技性人格障害の特徴でもあります。注目を集めるためにその場のノリで過激なことを言うので、発言がコロコロ変わります」

 日本の核武装を事実上容認した過去の自身の発言を、今では「言ってない」と否定するなど、トランプ氏には、こうした朝令暮改が“あるある”だ。

『ゴールデングローブ賞』の授賞式で、女優のメリル・ストリープ(67才)から非難されるや、トランプ氏はツイッター上で、「最も過大評価されている女優の1人」などと言い放ち大きなニュースになった。しかしトランプ氏は、2015年8月のインタビューで「お気に入りの女優はいますか」と質問された時、ジュリア・ロバーツとともにストリープの名を挙げ、「メリル・ストリープは素晴らしい女優だ。人としても立派だよ」と述べていた…。

 なぜこんな人物が米国の大統領になってしまったのか――そんな疑問を抱いている人も多いだろう。

「トランプは大衆の欲望や怒りを察知する能力が天才的。オバマは立派な理想主義者だったけれど、一方でプアホワイトと呼ばれる『中間層』の没落に対して有効な手を打てなかった。このように社会が弱り、閉塞感が漂う状況のなかで、より強い指導者を求めていた空気を、トランプはがっちりつかんでいるんです。

 民衆は弱っている時ほど、わかりやすい敵を示して、『今、社会がうまくいかないのは○○がいるからだ』『○○をやっつければうまくいく』という単純な構図を見せられると、それに飛びついてしまう。弱っているときだからこそ真剣にいろんなことを考えなければいけないんですが、身も心も疲れて思考停止状態になっているんです」

 実は私たちの周りには、他人を平気で振り回す「トランプさん」がたくさんいる。例えば日本の政界。小池百合子東京都知事と対立している石原慎太郎氏は、会見をすると言ったり、しないと言ったり…。

「真実を定義するのは難しいです。でも事実や出来事については、当事者の間で『これが真実だろう』という合意が一応成り立っていることが多い。ところがそういう前提が成り立たないのが石原さんのような人。こちらが自明の真実だと思っていても『知らない』『見たこともない』などとしらを切る」

 石原氏を攻撃している小池氏にも「トランプさん」といえる面も――。

「これまでの経歴を見ても、あんなに政党が変わっている人はいませんから、ちょっと心配ですよね。トランプとは違って国民から支持されていますが、攻撃する相手を見つけて徹底的に闘うというスタイルは危険です」

※女性セブン2017年3月9日号