国立市。NTT東およびNTTBPと国立市で「Kunitachi Free Wi-Fi」のサービスを開始

写真拡大

国立市は、東日本電信電話(以下、NTT東東日本)及びエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)と連携し、公衆無線LANサービス「Kunitachi Free Wi-Fi」の環境を構築し、3月1日よりサービスの提供を2017年3月1日から開始すると発表した。

国立市では、市民生活の向上を目的とし誰でも無料でWi-Fiに接続できる通信環境を国立市役所庁舎へ「Kunitachi Free Wi-Fi」として整備する。このことにより、国立市役所庁舎においてスマートフォン等を活用し「市政情報の取得」、「SNSを活用した情報発信」、「WEBサイトの閲覧」等を無料で行うことが可能となると同市。

特に市政情報は「Kunitachi Free Wi-Fi」接続後、自動的に表示されるポータルサイトで発信していくとのこと。

あわせて、災害時等に情報通信手段として利用することで、防災力の強化にも資するものであることから、恒久的なインフラとしてフリーWi-Fi環境を整備する。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
・東芝、プロ仕様のUHS-II対応SDメモリカードの新シリーズを発売
・UQ mobile、2017年春の新機種「BLADE V770」を発表
・ソフトバンク、下り最大612Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーターを発売
・1台3役のBluetoothスピーカー「Multi i2」をクラウドファンディングにて販売中
・ロジクール、クレカロットとお札用ポケット付きiPhone 7・iPhone 7 Plus用ケースを発売