大好きだけど終わりにしよう。「ダメ恋」の終わらせ方

写真拡大



浮気、不倫、暴力、決定的な価値観の違い…。ダメな恋だとわかっていても、つい情に流されてだらだらと付き合ってしまう、なんてことはありませんか?好きという気持ちがなければ始められないのが恋愛ですが、好きという気持ちだけで続けることができないのも恋愛です。世間的に「ダメな恋」と言われたり、先の見えない恋をしている場合、どうやって終わらせればいいのでしょうか?実際にダメ恋を卒業した女性たちに聞いてみました。

■■友達を交えて話し合う

「結婚願望ゼロな彼とこれ以上付き合い続けられないと別れを決意。ふたりで話し合いをすると喧嘩になって、私が泣いてしまってうやむやに…。共通の友達を連れてきて話し合ったら、お互いに冷静になることができてきちんと別れることができました。友達を巻きこんでしまったぶん、もう連絡はとっちゃいけないな、という気持ちにもなる」(20代/IT)

ふたりでの話し合いがうまくいかないという人は、共通の友達を介して話し合うのがベター。友達を挟むことで客観的に状況を判断でき、ふたりで話し合いをするよりも冷静になれます。また、友達を巻き込んだぶん同じ過ちを繰り返さないようにしなければという戒めにもなるそう。

■■1カ月間、音信不通で距離をとる

「5回も浮気した元彼。私から別れを告げていましたが寂しさに対する耐性がなくて、別れてもすぐに連絡をとって会い、なんとなく流れで復縁…。というのがお決まりでした。今回はお互いに1ヶ月間絶対に連絡はとらないと約束。その時間があったおかげで、別れる準備が整いました」(20代/介護)

別れたあとも、お酒を飲んだり寂しい夜にふと連絡をとってしまうもの。そんな人は1カ月間は連絡をとらないと期限を決めて約束しましょう。1カ月は短いようで長いもの。その間に新しい恋に目を向けたり、自分の趣味の時間をつくれば、自然ときっぱり別れる準備が整うはずです。

■■言いたいことを全部言う

「職場の上司と不倫していました。本当は寂しかったこととか、奥さんと別れてほしいと思っていたことなど、最後に全部伝えました。そのときに明確な返事がこなかったので、心から別れる決心がつきました。いつも我慢していたので、もっと最初のうちから言っておけばよかったなぁ」(20代/秘書)

何かしらの感情を抑えて付き合いを続けていた場合、なかなか別れられません。それは「あれだけ頑張ったのに」と見返りを求める気持ちや、「まだ、どうにかなるかもしれない、気づいてくれるかもしれない」という気持ちがあるからです。最後に別れるときは、わがままや本音をすべてさらけ出してしまうのもあり。それが次の恋へと進む第一歩です。

■■流されそうなら電話で終わらせる

「元彼にDVされていました。でも付き合っているときは、彼以外私と付き合ってくれる人はいないと本気で思っていました。会うと彼は優しくなってあやまられるので別れられず。電話で伝えて着信拒否をしました」(20代/学生)

話し合いにならない彼だったり、いつもまるめこまれてしまったりする場合は、直接会わずに別れるのもありです。会うと情に流されてしまう人は、電話やメールで伝えましょう。一方的かもしれませんが、彼の支配下に置かれている場合はこの手法が有益です。

■おわりに

素敵な出会いや素敵な人は、きちんと恋を終わらせてこそやってくるものです。「いつか、他にいい人ができたら」や「いつか別れる」では、永遠にいつかはやってきません。自分のことを大切にするためにも、きちんとダメ恋を終了させてくださいね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)