壇上で正しい封筒の中身を見せ、受賞作は『ムーンライト』だと説明した『ラ・ラ・ランド』の製作者ジョーダン・ホロウィッツ

写真拡大

2月26日にロサンゼルスで行われた第89回アカデミー賞授賞式にて、同賞最高の栄誉である作品賞を発表する際、本来の受賞作とは違う作品の名前が呼ばれるという前代未聞のハプニングが起きた原因は、人的ミスによるものだという。米Varietyが報じている。

セレモニーの最後、作品賞のプレゼンターとして名作映画『俺たちに明日はない』の主演コンビであるウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイがステージに登場。ウォーレンは受賞作が記された紙の入った封筒を開けると困惑した様子を見せ、その紙を彼に見せられたフェイがすぐさま「(受賞作は)『ラ・ラ・ランド』」と発表したが、同作のキャストやスタッフが壇上に上がって喜ぶ中、賞のスタッフが出てきて、これは間違いで正しい受賞作は『ムーンライト』だと訂正され、会場は騒然。ウォーレンは自分が渡された封筒がなぜか作品賞ではなく主演女優賞(『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン)のものだったと明かしていた。

今回の騒動を受けて、アカデミー賞の投票集計、結果が記された封筒の管理を担当している世界4大会計事務所の一つ、プライスウォーターハウス・クーパースが謝罪。「我々は明らかにミスを犯しました。非常に反省しています」と語り、人的ミスであることを認めている。授賞式では舞台袖にいるスタッフが順番に受賞作の書かれた封筒をプレゼンターに渡していたが、そのスタッフの一人が、作品賞の封筒を渡すタイミングで誤って、直前に発表された主演女優賞の封筒を予備の山から取ってウォーレンとフェイに渡してしまったという。

ミスが明らかになった時、『ラ・ラ・ランド』の面々が『ムーンライト』が受賞したという結果を快く受け入れて彼らにトロフィーを手渡す姿は感動的だったが、権威あるアカデミー賞授賞式で初歩的なミスが起きてしまったのは残念だ。(海外ドラマNAVI)