朝ドラ女優の高畑充希さんの知られざる一面が、夢診断によって暴露されました。心理コンサルタントによる衝撃の結果に、高畑さんは「ドMなのかな?」と本当の自分の姿に困惑していました。

それは27日に都内で行われた、アニメーション映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』(3月18日公開)の完成披露試写会でのこと。満島真之介さん、古田新太さん、前野朋哉さん、高橋英樹さん、江口洋介さん、神山健治監督も登壇しました。

心理コンサルタントによる夢診断が実施され、高畑さんは「稽古中だった舞台を本番直前で降ろされる」「ひたすら水を飲まされ続ける」という夢を紹介。それに対して心理コンサルタントから「自虐的だけれど打たれ強い。ネガティブな事柄に対して心の準備が出来ている」などと分析されると、高畑さんは「確かに、打たれても寝れば忘れるタイプ」と認めながら「実はドMなのかな?嫌だなぁ、ドM」と困り顔でした。

一方、満島さんは“人や動物が何かしているところを高いところから見ているだけ”という夢を告白。それには「和して同ぜず。すでに達観している、我が道を行くタイプ」との結果が。満島さんは「我が道を行き過ぎて大変な時もある。このまま生きていて大丈夫ですか?」と不安を口にするも、心理コンサルタントからは「大成するはず」と背中を押され、安堵の表情を浮かべていました。












【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ 相武紗季が教えます♡お家でできるリフレッシュ法

※ まりえのスカートの中で…中川大志、変態発言に機転

※ 綾瀬はるかがハマってる♡簡単「醤油を使った」レシピ

※ 4月スタート!TBS火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」情報解禁

※ モデル・森星が教える♡魅惑の美尻キープ術