写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●5インチのミドルレンジ「Moto G5」
Motorola Mobilityは、2月26日(現地時間)にスペインのバルセロナで記者会見を開催し、スマートフォンの新モデル「Moto G5」と「Moto G5 Plus」の2機種を発表した。各製品の詳細スペックなどはこちらの記事を参照いただくとして、本稿では展示されていた実機を紹介する。

○Moto G5

Moto G5は、5インチフルHD(1,920×1,080ドット)液晶ディスプレイを搭載する、ミドルレンジスマートフォンだ。側面部分がラウンド形状になっているため手になじみやすく、持ちやすく手にすんなり収まるという印象。また、液晶左右側面のベゼル幅がかなり狭められていることもあって、5インチディスプレイ搭載スマートフォンとして十分にコンパクトとなっている点も、持ちやすさに繋がっていると感じる。

ボディデザインは、従来モデルと比較し、液晶面の大きな変化は感じないが、背面を見ると雰囲気がガラッと変わったように思う。その要因はカメラ部分のデザインで、従来は楕円形のデザインだったのが、Moto Zなどと同様の円形デザインを採用している。また、ボディにアルミ素材を採用していることもあって、樹脂製ボディの格安スマートフォンに比べると、質感はかなり優れる印象。なお、背面カバーは中央部のみアルミ素材で、周辺部は樹脂素材を利用しているため、その継ぎ目部分がやや目立つのは少々気になった。

SoCにSnapdragon 430、メモリは2GBまたは3GBと必要十分で、実際に利用してみても特に動作が重いという印象はなく、キビキビと動作し快適に利用できると感じた。ゲームなどの動作の重いアプリではやや厳しいと感じる場面もありそうだが、Webや地図の参照、SNSアプリの利用、写真やWeb動画の閲覧といった用途であれば、問題を感じることはないだろう。

また、液晶下部に指紋認証センサーを搭載する点は、このクラスのスマートフォンとしては嬉しい部分。タッチで簡単に、かつ安全にログオンできるのは、セキュリティと利便性を同時に高めてくれるという意味で、大いに歓迎できる。

端子は、下部にマイクロUSBポート、上部にオーディオジャックを備える。また、背面カバーを開けるとバッテリやSIMカードスロット、microSDカードスロットにアクセス可能。バッテリは着脱式で、容量は2,800mAh。

●「Moto G5」と「Moto G5 Plus」の違いは
○Moto G5 Plus

Moto G5 Plusは、5.2インチフルHD(1,920×1,080ドット)液晶ディスプレイを搭載する、Moto G5の上位モデル。液晶サイズがひとまわり大きいだけでなく、搭載SoCもSnapdragon 625を採用するなど、上位モデルらしい仕様面の差異が見られる。

本体デザインの基本コンセプトはMoto G5と同じで、側面や背面にカーブを多用したラウンドデザインとなっている。本体サイズはMoto G5よりもひとまわり大きいが、こちらも側面や背面のカーブのおかげで手にフィットし、握りやすくサイズもひとまわり小さく感じる。背面のメインカメラ部分が円形のシンボルとなっている点や、ボディ素材にアルミ素材を採用している点も同じで、全体的なデザイン性はこのクラスの製品としては十分優れると感じる。なお、Moto G5 Plusは背面カバーは開けられず、バッテリ交換は不可能となっている。その反面、ボディの一体感はMoto G5よりも優れている印象だ。

Moto G5も、動作自体は特に気になる部分はなかったが、上位SoCとなるSnapdragon 625を採用するMoto G5 Plusでは、さらに動作が快適な印象。アプリの起動もわずかではあるがMoto G5よりも速いという印象で、このあたりは上位モデルらしい部分と言える。また、このSoCなら、ゲームもまずまず快適にプレイできるものが多いだろう。メモリが最大4GB搭載されるという点も、パフォーマンス面で有利となるはずだ。

背面のメインカメラは、1,200万画素センサーを採用するとともに、デュアルオートフォーカスで高速なフォーカスが可能とされている。実際の動作も、Moto G5に比べてフォーカス速度が速いという印象。超高速オートフォーカス対応のスマートフォンが増えている中、そこまで高速というわけではないものの、この程度の速度なら大きな不満なく利用できそうだ。

端子は、下部にmicro USBポートとオーディオジャックを備える。SIMカードスロットはトレイ式で、本体上部に配置。トレイを引き出すと、正面側にmicroSDカードの装着スペースが、また背面側にnano SIM装着スペースがある。デュアルSIM対応モデルでは、背面側に2つのnano SIMを装着可能となる。

(平澤寿康)