コルトン・ヘインズ

写真拡大

米CWの大人気ヒーローアクションドラマ『ARROW/アロー』のロイ・ハーパー/アーセナル役で知られる俳優のコルトン・ヘインズが、昨年12月25日に亡くなった英歌手ジョージ・マイケルの追悼コンサートでステージデビューを飾ることが分かった。米E!Onlineなどが報じている。

ジョージの追悼コンサート「Gotta Have Faith」は米VH1が設立した基金「Save The Music」による企画で、コルトンはステージで歌うことに興奮を隠しきれない様子。「子どもの頃からジョージのファンだったから、追悼コンサートに出演できることに本当にワクワクしているよ。彼は多くの人にインスピレーションを与えたアイコン的な存在で、その独自のサウンドと自身に忠実なところを尊敬しているんだ。ジョージの音楽は僕を含めた多くの人々の心に訴えかけてきたから、イベントに携われることを本当に光栄に思う」とコメント。

コルトンは以前、ラスベガスで開催されたブリトニー・スピアーズのショー「Piece of Me」のステージに一般人として飛び入りして、巧みなダンスでステージに花を添えたことがある。今度はダンスだけでなく、その歌声も披露してくれるようだ。コルトンのほかには、大ヒットのブロードウェイミュージカル『Hamilton』のスター、ハビエル・ミュノスと歌手のエリック・ハッチンソン、俳優シャイアン・ジャクソン(『SMASH』)、ミュージカル俳優ティトゥス・バージェスらの出演も決定している。

「Gotta Have Faith」は4月24日(月)にニューヨークのハイライン・ボールルームにて開催予定。(海外ドラマNAVI)