Appleが今年発売すると噂される、画面縁のベゼルが細い次期iPad Proの10.5インチモデルについて、画素密度は現行の9.7インチ版と同じながら高解像度となるという、新たな情報が浮上しています。

発売時期は3〜4月か。情報が錯綜

HIS Markitのタブレット・PC部門ディレクターであるローダ・アレクサンダー氏は米メディアForbesに対し、今年発売見込みの次期iPad Proでは、現行の9.7インチと12.9インチの中間サイズとなる「10.5インチ」版が追加されるという、これまでの噂を踏襲する予測を述べました。
 
またアレクサンダー氏はこれら新モデルについて、3月から4月のタイミングでリリースされるだろうと予測しています。
 
一方台湾のDigiTimesはつい最近、10.5インチ版と12.9インチ版については、5月から6月まで発売されないとの予想を明らかにしたばかりです。

サイズと画素密度は9.7インチと同じで高解像度に

そして新たに追加される10.5インチ版について、アレクサンダー氏は、全体的なサイズは9.7インチ版と同じになる、と予想しています。その理由について、10.5インチ版はベゼルが細くなること、またSmart Keyboardなどのアクセサリーを9.7インチ版と共有できるようにするため、としています。
 
ただし解像度は高くなる見通しで、10.5インチ版では画素密度は現行の9.7インチ版と同じ264 PPIながら、解像度は2,048×1,536から2,224×1,668へと引き上げられると予想しています。

9.7インチ版は299ドルまで値下げか

価格についてアレクサンダー氏は、9.7インチ版は最安で299ドルになると予測しており、これは現行のiPad Air2の最低価格である399ドル(日本での販売価格は42,800円)を下回ります。ただし同氏はこの低価格版の搭載プロセッサなどは不明だと述べています。
 
一方10.5インチの価格について同氏は情報がはっきりしないとし、明言を避けました。なお現行の9.7インチ版の最低価格は599ドル(日本では62,800円)ですが、こちらは499ドルまで値下げされれば、10.5インチが599ドルに設定されるかもしれない、としています。
 
iPad Mini 4については、アップデートされない可能性があるとアレクサンダー氏は見ています。
 
 
Source:Forbes via MacRumors
(lunatic)