日本と中国は隣国同士ではあるものの、中国には日本についての理解が圧倒的に不足している人が数多く存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、こうした中国人に向けて、数多くの写真を掲載したうえで「真実の日本」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と中国は隣国同士ではあるものの、中国には日本についての理解が圧倒的に不足している人が数多く存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、こうした中国人に向けて、数多くの写真を掲載したうえで「真実の日本」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、「多くの日本人の中国に対する理解が表面上のものにとどまっているように、中国人の日本に対する理解も不足しているのが現状」であると伝え、日本人の日常生活や日本の文化を紹介するとして、数多くの写真を掲載。紹介している内容としては主に、日本と中国の違いという点が中心となっている。

 記事は、「日本が清潔であること」、「小中学生は親に送り迎えしてもらわず、自分たちだけで登校すること」、「コンビニエンスストアが多いこと」、「都市部の人びとの足は主に電車や地下鉄であること」など、中国でも広く知られていることを紹介したほか、「日本人は寺院など古い建築物を大事にしていること」、「日本人は伝統文化も非常に大事にしている」などと紹介した。

 さらに、日本人はどのような職業であっても「サービス意識が極めて高く、つねにお辞儀をしている」、「日本の若い女性は雪が降っていてもスカートを穿く」、「日本は野良猫が多い」、「化粧をせずに出歩く女性はほとんどいない」、「日本ではありとあらゆる場所にアニメや漫画など二次元のキャラクターが存在する」などと伝え、日本を訪れたことのない中国人でも日本をイメージできるよう詳しく伝えている。

 記事は「歴史問題や民族的な敵意を取り除いて日本を紹介する」と伝えているためか、記事が掲載した写真はいずれも美しい光景ばかりだ。そのため、中国人ネットユーザーからは「日本は治安がよく、社会も成熟していることがわかった」、「日本と中国の差は50年では埋まらないだろう」など、日本の魅力を理解したうえで中国との差を実感してしまったという意見が多く寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)