「君が必要だ、と言われる社員になるために必要なこと」フォルシア屋代浩子社長

写真拡大

大手旅行会社の8割に情報検索システムを開発・提供するフォルシアの屋代浩子社長。ビジネスに興味を持った少女時代、起業への歩み、経営と子育てを両立する原動力について聞く。

父が商社に勤めていた関係で南アフリカ共和国で生まれ、小学校時代はギリシアのアテネで育ちました。

当時は海外駐在が珍しく、家族で飛行機に乗り込む際に見送りの人たちが万歳三唱してくれて(笑)、行けば行ったで父はアテネ支店を一からつくり上げるために奔走。高揚した日々というのを、子ども心にも感じていました。

また、アテネには日本料理店がなかったので、お客様をわが家でもてなしていたんです。「○○で石油が出た!」などと大の大人が顔を輝かせて話をしているのを傍目で見て「ビジネスってすごくエキサイティングなものなんだな」と感じた経験が、後年の起業のきっかけにもなりました。

ただ、自分が社会人になったころは女性の総合職がなかったんです。それで、身の丈以上のグローバルな仕事をさせてもらえるのではないかと野村證券に入社しました。数年後に金融工学を学ぶためMITに留学し、卒業後は東京のゴールドマン・サックス証券に。外資系金融という場でお金の流れ、社会・経済の仕組みを骨身に沁みるほど学ばせていただくと同時に、両親の強力な援助を受けながら2人の子育ても経験しました。

起業は、2001年。必要な情報にスピーディにたどりつくための検索エンジンを開発して提供する会社を、志をともにする夫とともに設立しました。現在はたくさんの企業様にご利用いただいておりますが、開発までに3年、大手企業からの受注までには5年がかかっています。

その際に痛感したのは、ビジネスには技術力以上に信用が大事だということ。「いいものをつくったから買ってください」というのは通用しない。一方で、5年間諦めずにいられたのは、「使ったら絶対にご満足いただける」という自信があったから。時間と身銭を投じて得た私の営業ノウハウは「一生懸命にやること」ですが、これはすべての仕事に通じるビジネスの根幹だと思います。

おかげさまで現在社員は90名ほど。毎水曜日に1時間行う全体ミーティングでは、役員会の報告や諸々の情報共有に加え、「わが人生」「○○の時間」などのテーマで15分ほど社員に話してもらう時間を設けています。どれくらい魅力的に大勢の前でプレゼンできるのか、どのような趣味嗜好や興味があるのかがわかり、社員を適材適所に配置するのに非常に有効です。

子育ての経験は経営にもとても役立っています。特に子どもが小さいうちは思いどおりにいかないことが本当に多い。忍耐力が非常に鍛えられ、現状打破のための解決策を考える力もつきました。

もちろん、男女問わず、キャリア構築や結婚・出産・子育てについて、考え方は人ぞれぞれです。ただ、もし両方トライしたいという社員がいれば、企業側としては安心してそれにチャレンジできるシステムと社風を整えたい。一方で、社員側も何をやっても許容されるほどの人物になることが大前提だと思うのです。

就業規則や制度などよりも、「君が必要だ」と請われるのに勝ることはない。信頼に値する人物でさえあれば、上司は逆にルールなんていくらでも変更してくれるものなんです(笑)。

<屋代浩子の1日>

5:30 起床
9:30 出勤
10:00〜11:00 全体ミーティング(水曜)
12:00〜13:00 ランチ
14:00〜17:00 会議・お客様対応など
19:00 退社
20:00 帰宅
20:00〜21:00 子どもと食事
21:00 メールチェックなど
23:00 就寝

<屋代浩子が大切にするもの>

指輪



南アフリカ共和国生まれなのですが、両親が娘(私)の誕生記念にとダイヤモンドを購入。母がずっと身につけ、私が結婚したときにプレゼントしてくれました。身につけるたび、母の思いの深さを感じられる宝物です。

通勤時間

通勤は自家用車。普段はひとりですが、週に2回は夫の運転する車に。意外とふたりきりの時間はないので、そこで子どもの話や仕事の話をブレストミーティングのように(笑)集中的にしています。

カルティエの名刺入れ



社会人になって初めてNYを訪れたときに五番街で購入。実は名刺入れではなくて、男性用のお札入れなんですが(笑)、薄いわりに名刺もたくさん収まるので重宝しています。

やしろ・ひろこ◎1965年、南アフリカ共和国生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学経営学博士。野村證券、ゴールドマン・サックス証券でデリバティブの開発、マーケティングに従事。2001年にフォルシアを起業。