今回は、彼氏に「別れたい」と言わせない方法についてお届けします。別れのときってある日突然降ってわいてくることもあるので、方法なんて本当はないのかもしれません。でも、ある日突然わき起こる不幸を阻止する方法が、まったくないかといえばそうでもなかったりします。

1. オロオロしないこと



彼氏が最近どことなくよそよそしい。そろそろ「別れたい」と言ってくるかなぁ……こういう気持ちをあなたが抱くときってきっと、彼はあなたと別れたいと思っているのです。つまり、愛しあう二人はだいたいにおいて似たようなことを感じているので、恋が別れの予感にさらされている空気感をあなたが感じとれば、彼も感じとっています。

そういうときに、その空気感にのまれてオロオロとしないことです。堂々とふるまうべきです。「別れの空気、、そんなものあるっけ?」みたいな感じで、堂々と、しれっとしておくのです。女子って、そんなふうに「ウソをつくこと」が男子より上手かったりしませんか?

この方法のコツは?


相手のことを信用できなくなったとき、それが別れのときです。愛がなくなったときが終わりではなく、相手のことを信用できなくなったときです。相手のことを信用していれば、別れの空気にオロオロせずに済みます。「わたしはまだ、彼氏のことを信用している」と思いこめるかどうかということも含めて、「絶対に、彼氏のことを信用していない素振りを見せてはならない」ということです。

2. 常に誠実であること



愛なんて、どんなに愛しあっていてもやがて薄れていきます。カップルにおけるマンネリエッチ問題がネット上で盛んに取り上げられていますが、人はいろんなことに飽きる以上、パートナーにだって飽きるのです。飽きてふつうです。

では、飽きても続いているカップルはなぜ続いているのか? それは、お互いに誠実さを相手に提出しあっているから続いています。誠実さというのは女の色気なんかではなく、人としての誠意のことです。

男子はあなたのことを“女”ではなく、“人”として見ている


男子って、もちろん女子の「女子っぽいところ」に惹かれて付き合うわけですが、結局そういう女子の色気的なものって、飽きがくるようになっているのです。だから最終的に、とくに男子が彼女に見るのは「どれくらい誠実な人なのか」という「人」を見ているのです。女ではなく、人としてあなたのことを見て「こんなに誠実な女性を振るわけにはいかない」と思ったり「おれの彼女、おれに内緒で遊んでそうだから、もうバイバイしてもいいや」と思ったりすることもあるのです。

3. やっぱりカラダを張るしかないのかも



男子が彼女と別れたいなと思ったとき、同時に心に湧いてくるのが「彼女と別れたらエッチ難民になってしまうかも」という恐れだったりします。女子はとくに若いと、特定の彼氏がいなくても適当にエッチできる相手と出会えることもあるかもしれませんが、男子はいったん彼女と別れてしまうと、2年も3年もエッチできる相手に恵まれなかったりもするのです。だから、ほどよくカラダを張って、彼氏と定期的にエッチする関係を維持しておくと、彼から別れたいと言われないことも。

都合のいい女にならないの?


定期的にカラダを張っていたら、彼氏にとって都合のいい女になってしまわないのか? という心配があるかもしれません。当然、都合のいい女になってしまうことだってあるでしょう。でもそれって、いっときの話です。そういう時期が過ぎれば、また普通の関係になれたりします。

人って日々変化する生き物です。だから当然のように、二人の関係も毎日少しずつ変化しています。その変化の風を読むことで、都合のいい女にならずに済むのです。あるいは、この世に固定化されきっている関係なんてないと心底思えたなら、都合のいい女にならずに済みます。

仕事においても恋愛においても「この人に、この言葉は言いづらいな」ということを思うときってありますよね? ありふれた言葉でざっくり言えば、その人の持っているオーラがそう思わせるわけです。だからあなたも、彼氏が別れたいと言いづらいオーラを放てる、いい女になってみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)