小学校での『いじめ』が前年比で13倍に! 理由が「悲しすぎる」

写真拡大

2016年度に沖縄県那覇市の小学校で起きた『いじめ』の認知件数が4338件に急増したことが、2017年2月22日の那覇市議会で報告されました。

前年度の327件から、約13倍という『いじめ』の急増が、「急に小学校が荒れたの?」など、さまざまな憶測を呼びます。

しかし、那覇市の小学校で『いじめ』が急激に増えたというわけではありませんでした。

増えたのは『いじめ』そのものではなく、『いじめ』の認知件数だったのです…

『いじめ』急増の理由にため息

『いじめ』が増えた理由が「悲しすぎる」

2016年度に『いじめ』が急増した理由を、地元紙「沖縄タイムス」は次のように報じます。

市教育委員会などは15年の文部科学省通知を受け、現場の「認知件数の多さで評価が下がる」といった意識を改めた結果とみる。

市教委によると、教諭が「嫌な気持ちになったらささいなことでも先生に報告して」と児童生徒に伝え、小さないじめも見逃さないよう対応を強化。

件数の7割以上は解消しているという。

沖縄タイムスプラス ーより引用

つまり、これまでは隠ぺいされてきた『いじめ』を、「評価が下がらない」と言われたことで、報告されるようになっただけということ。

この理由は悲しすぎます…

しかし、一方では『いじめ』の認知件数が急増したことを責めてはいけないという意見も…

確かに、これまでの隠ぺい体質は良くない。けど、これを責めると現場は「なら、報告するのをやめよう」と考えてしまうかもしれない。だから、気に入らないけど、『いじめ』急増を褒めるべき『いじめ』急増に驚いて、これまでの体制を責めたら、元の木阿弥。気持ちは分かるけど「皆さん、あまり責めないで」

難しい問題ですが、「良い方向に変わりつつある流れを遮ってはいけない」という意見は正しいように感じます。

残念なことではありますが、これまでの『いじめ』の認知件数は意味のないものだったということ。

今後、正確な『いじめ』の件数が共有され、その数を減らすための施策が求められています。

[文・構成/grape編集部]