写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Sensus Japan(センサス)、ミライト・テクノロジーズ、KDDIは2月27日、280MHz帯無線ネットワーク「FlexNet」によるIoTを活用した、遠隔水道検針に関する技術協力を開始すると発表した。

水道メーターにIoTを活用した水道スマートメーターは、検針者が各住戸に訪問して目視で水流量を確認する代わりに、無線ネットワークを活用して遠隔で検針が可能となる水道メーターで、「FlexNet」と組み合わせることで、検針業務の効率化を図ることができる。

今回発表された技術協力では、通信が届きにくいと予想される山間部(箱根)の水道スマートメーター(20カ所)から、280MHz帯無線ネットワーク「FlexNet」を介して水流量などの計測データを遠隔収集し、可視化された計測結果をJFEエンジニアリングに提供する。

また、計測結果をもとに従来のアナログメーターとの精度比較や漏水検知の検証などの技術協力も合わせて行う予定。

センサスは水道スマートメーターの提供、「FlexNet」無線設備、広域無線ネットワークシステムなどの提供を、ミライト・テクノロジーズは無線設備等の設計、構築を行う。KDDIは、水道スマートメーターから収集した計測データの可視化、提供する。

協力期間は2017年2月28日から2018年1月まで。

(辻)