アバルト595を刷新! 車名を全車「595」に統一したほかエンジンや装備も変更

写真拡大 (全18枚)

エンジンのパワーアップを図るなどブランドの特徴を確立

FCAジャパンは、2013年に日本へ導入した「アバルト595」にフェイスリストなどの変更を加えた。また、これまで「アバルト500」であった車名をすべて「アバルト595」に変更している。

今回の変更では、フロントマスクが変わったほか、前後バンパーを変更したことでアバルトの特徴を強調した。さらにフロントバンパーのエアインテークには、レース仕様車のASSETO CORSEに採用されたABARTHの文字が浮かび上がるタイプを採用。

全車、車名を595に変更することで、ブランドとしての位置づけを明確にし、フィアット500のラインアップと差別化を図っている。

全グレード共通の変更はフロントライトまわり、リヤコンビネーションランプ、センターコンソール、グローブボックスの追加、カップホルダーの追加など。

また、ボディーカラーとして、赤、黄色、白の3色を新たに導入する予定だ。各モデルの変更点は下記のとおり。

【595】

1.4リッターターボエンジンの最高出力が135馬力(MTモデル)/140馬力(ATモデル)に対し、145馬力にパワーアップした。また、シートをスポーティなデザインに変更し、ボディカラーには新色の赤を設定。価格は293万7600円(MT/左・右ハンドル)、309万9600円(AT/右ハンドル)となる。

【595ツーリズモ/595Cツーリズモ】

ターボチャージャーをギャレット製大径タービンへと変更し、最高出力が165馬力と、5馬力アップした。足もとは新デザインの17インチホイールを採用し、ブレーキキャリパーをブラック仕上げとした。

さらにシートはスポーティなデザインに変更。ボディカラーには新色のパールホワイトを設定し、346万6800円(AT/右ハンドル)、376万9200円(AT/右ハンドル・ソフトトップ)の価格となる。

【595コンペティツィオーネ】

シートをカーボンシェルタイプに変更し、レザー/アルカンターラステアリングホイールを採用したことで他グレードの差別化を図った。 また新デザインの17インチホイールを採用し、新色の黄色を設定。価格は365万400円(MT/左・右ハンドル)、381万2400円(AT/右ハンドル)となる。