「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」は3月18日(土)より全国ロードショー/(c)2017ひるね姫製作委員会

写真拡大

2月27日、都内で映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」の完成披露試写会が行われ、高畑充希、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介らが登壇した。

【写真を見る】本イベントが初共演となった高畑充希と江口洋介/(c)2017ひるね姫製作委員会

本作は「東のエデン」「精霊の守り人」などを手掛けた神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション作品。

高畑はアフレコについて「難しかったです。普段(のお芝居)は相手の人がいるので、相手の人がどんな話し方をするのか分からない状態で自分の声を入れるっていうのがなかなか慣れずに。江口さんに至っては今日初めてお会いして(笑)。映画の中では家族風にうまくしたんですけど(笑)」とにっこり。

江口は「アニメーションに声を入れる作業がすごく楽しみで、高畑さんは僕が(アフレコを)やる前にやってるという不思議な感覚でした。OK、NOをはっきり言ってくれる監督だったので、そこはやりやすかったです」と初めてのアフレコについて語った。

また、高橋は「私、声優は3本目になりまして、今まで怪物と馬と…初めて人間をやらせていただきまして(笑)。楽しくやらせていただきました。監督はおとなしく、ネチネチと結構注文が多いタイプでございました。長いこと芸能生活やっておりますが、芸能上位5人に入るしつこさでした(笑)」と会場の笑いを誘った。

そして、映画の内容にちなんだ夢診断コーナーで、高畑は「自虐的で打たれ強い」と診断され「ドMってことですか!? ドMなのかな。まぁ、そうですね(笑)」とコメント。また、「落ち込んでいるのに気付かれず、大丈夫と思われてしまう」と明かした。

「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」は3月18日(土)より、丸の内ピカデリー他全国ロードショー。