猫との生活15年のニワカが語る、猫と暮らす上で本当に必要なモノ

写真拡大

雨が降りしきる夜、いつもの公園の脇を通り過ぎようとする会社帰りのあなたの耳に、か細い猫の鳴き声が聞こえてきたとしたら。友だちの家でタコパ。ドンキで買ったワインとよっちゃんイカを手に開けた友人宅のドアの向こうに、瞳がまんまるの子猫達が待っているとしたら。大好きな人の腕の中でまどろみながら迎える朝。その二人の間に割入るように毛布の中に潜り込んでくる小さな毛玉がいたとしたら。

そろそろ猫を飼うタイミング。それは全人類が待ち望んだ瞬間。ひとり暮らしに余裕も出てきたし、そろそろ、と思う人は多いでしょう。でもちょっと待って、ペットは生き物です。猫はパートナーです。その子と一緒に暮らすにはそれなりの準備と覚悟が必要になってきます。

そこで今回は、猫を飼うときに気になるアレコレをご紹介します。

【 猫のかわいい写真とサイトリンク入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 猫様をお出迎えするのに必要な物

猫を我が家にやって来る!心はお祭り騒ぎです。でもその前に、人と猫が快適に過ごせる住環境の整備と、長いお付き合いになる猫様のライフプランを考えなければなりません。正解はありません。あなたと猫の関係です。ですからこれから書かれることは、猫と一緒に暮らしている者からのアドバイス程度に聞いて下さいね。

◎ 猫は壁をガリガリする

持ち家ならともかく賃貸なら室内にピン1本打つことさえ慎重になるのに、それが猫様の爪研ぎガリガリ攻撃なら尚更。特に壁のコーナーが標的になりがちです。そこで爪傷保護シート。壁の保護、忘れがちなのでお早めに。

◎ 猫はコードをガシガシする

テレビの配線、パソコンのLANケーブル、PS3のHDMIに電源の延長ケーブル。部屋の中は配線でいっぱいです。そしてそれは猫様の大好物。嚙んだときの感触が気持ちいいのか、噛んで噛んで噛み切るまでかみ続けて、なんてこと良くあります。そこでケーブル保護のスパイラルチューブ。これでケーブルを巻けば、

・1)部屋の中もスッキリ
・2)猫の感電リスクからさよなら
・3)ケーブル断線の恐怖からさよなら!

と良いことだらけ。そんなに長いのは不要って人は1.5mのものが100均でも売ってるのでそちらでどうぞです。

◎ 猫は何でも口に入れる

掃除です。掃除をしましょう。綿埃に抜け毛、しまいにゃ自分のウンチまで、猫様は何でも食べようとします。特に人間の抜け毛は要注意。消化されずにウンチとウンチが連なった形で出るようになって、ウンチの切れが悪くなった猫様は不思議なポーズでお尻をカーペットにすりつけるようになっちゃいます。そうなる前に掃除です。ルンバなら外出中にも勝手にお掃除。もしかしたら猫・オン・ザ・ルンバという憧れのシーンに遭遇出来るかも。ただ、猫様は掃除機やドライヤーなどのけたたましい音が苦手な傾向にあるので、ルンバを見ただけで警戒するようになったらルンバは諦めて普通の掃除機にしてあげて下さいね。

◎ 猫はご飯を選り好みする

人間でも美味しく食べられそうな猫缶の数々。メーカーが仕掛ける猫のグルメ志向は留まるところを知りません。美味しいモノを食べればそこは賢い猫、やがて缶詰を開ける「カシュッ」という音だけで「ご飯の時間ですね!」と猛ダッシュを仕掛けてくるようになります。カリカリだって負けてはいません。毛玉対策、抜け毛対策、栄養バランス対策、ウンチの匂いもコントロール出来てコレ一つで何でもお任せ状態が最近のカリカリ事情です。ペットフードを用意するときは、猫の年齢を確認するようにして下さい。人間も赤ちゃんのころはミルクや離乳食など食べやすいものから徐々に大人の食べ物に切り替えていきますよね。猫も同じように年齢に合わせて食べるご飯が変わっていきます。カルビを食べるのは20代まで。そこからは赤身、いやいやむしろ魚の煮付け。ほら、そんな感じ。餌じゃなくてご飯です。猫のご飯と考えると、「何を食べさせてあげようかな」と考え始めるはず。せっかくなら美味しいモノを食べて貰いたいですよね。

◎ 猫だけど猫背で食べるのは可哀想

床の上に直接ご飯茶碗と味噌汁を置いて、いつもの松阪牛のステーキもじゅうじゅう言ってる鉄板ごと床に置いて、なんてことしてないでしょ。食べづらいし、そもそもなんかメンタリティ的にもイヤ。それは猫も同じ。ご飯が入った皿を床に置かれて、それを猫背で食べる姿ってなんだか食べ辛そう。ホンの少しだけ食器を高いところに置くだけでご飯がすごく食べやすそうに、食欲もマシマシになるんです

◎ 猫はとにかく水を飲む

最近は人間でも、自宅の水道を捻ってそのまま水を飲む、なんてシーンが少なくなりました。根拠の無い不安に惑わされ人間がミネラルウォーターや綾鷹を買ってしまうご時世なのに、猫様には蛇口を捻って出てきた水をそのままあげるのって、おかしくないですか?そこで循環濾過式給水器。いつだって美味しい水を飲んで欲しいから。

◎ 猫には猫専用トイレ

猫のおトイレはウンチとおしっこを別々に管理出来て掃除も楽々なシステムトイレがお薦めです。猫砂が肉球に挟まって飛び散るのは仕方ないから諦めるとして、猫砂の素材、粒の大きさなどを色々試してみて、猫様が一番喜ぶものを見つけて下さい。特に大粒の猫砂は飛び散りも少ないし猫様もザッザッと心地がいいのか好評です。猫砂の種類を変更する時は、全部入れ替えるのではなく、最初は半分程度入れ替えて次は全て新しいもの等段階を経ると猫様も安心してぷりぷり出来るってものです。これカリカリの種類を変えるときも同じだから記憶マストで4649!

◎ 猫は高いところが大好きだから

まずは古い毛布の上に。その内に座布団とか猫用の柔らかベッドとか買っちゃって…なんて思ってるでしょ。猫は高いところが大好き。室内猫なら運動不足にもなりがちだからアスレチック施設の導入は必須になります。猫は自分で寝場所を見つけるので、寝場所に気を配るのは寒くなってからの話です。猫も喜ぶホットカーペット、これ捗るからお薦めです。逆に暑い日用に人工大理石プレートというのもありますが、これはエアコン付けっぱなし作戦にあえなく敗北しました。そんなわけで運動不足の解消、本能をくすぐる高いところへの誘惑、思う存分爪研ぎ出来る快感という意味でもキャットタワーの導入を急ぐべきです。今すぐにです!

◎ 猫は案外臆病な子

以上で受け入れ準備はひとまずおk。と思ったら猫を我が家にお迎えに行くとして、その猫様をどうやって家までお連れする気ですか?これから長いお付き合い、動物病院やペットホテルに連れて行く事だってあるかもしれません。保育園のお迎えにメルセデスでやってくる若奥様のように、キャリーバッグの選択で動物病院ヒエラルキーが決まります。他のママと被らない、最先端のキャリーバッグでぶいぶい言わせましょう。

■ ずっと一緒にいる為に

そしてようやく我が家にやってきた猫様。ここからやることはまだいっぱいあります。トイレの場所も覚えてもらわなきゃですし、病気になったら大変だから保険にも入らなきゃ。ましてやもし大地震が発生したら一緒に避難所生活は出来るのかな。猫といっぱい遊びたいけど効果的なオモチャって何?

■ ようこそ我が家へ!

ようこそ我が家へ!人も猫も、お互い知らなければならないことばかり。20年の月日を掛けて人生と猫生を共に、発見と喜びと驚きの旅が始まります。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・のこりうどん)