1
 
Appleの新本社、「Apple Park」の新たな空撮動画が公開されました。4月の入居開始に向けて、工事が急ピッチで進められています。

入居開始に向け着々と進む工事

先日、Appleが「Apple Park」の名称を発表した新本社の空撮動画を公開したのは、これまでも空撮動画を撮影・公開しているマシュー・ロバーツ氏です。
 

 
「スティーブ・ジョブズ・シアター」と名付けられた約1,000人を収容する地下講堂は、ガラスに保護シートがかかっており、中の様子をうかがうことはできません。
 

 
2棟を連結した構造の立体駐車場の屋上は、ソーラーパネルで覆われ、設置が完了しています。
 

店舗とカフェが入り一般にも開放されるビジターセンター

巨大なガラス張りのビジターセンターには、Apple Storeとカフェが併設され、一般の訪問者にも開放されます。
 

 
メインの建物の屋上のソーラーパネルも、設置が進んでいます。
 

 
研究開発棟は、ほぼ完成しているようで、窓の中には家具類が設置されているのが分かります。
 

「公園」のように緑が多い敷地内

敷地内の植栽工事も進み、緑が目につくようになり、「Park(公園)」といった雰囲気が出つつあります。
 

 
夏は雨が少なく、乾燥するクパチーノの気候を考慮した、乾燥に強い樹木が植えられているようです。
 

社員の移動完了には約半年が必要

Apple Parkは、4月から順次、社員の移動が開始されますが、移動完了は約6か月後とみられており、建設工事も並行して進められます。
 
稼働が近づいたApple Parkの様子はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube
(hato)